さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

2006年9月13日

『かわいいって何?昭和少女文化のカリスマ』

講師: イラストレーター 内藤 ルネ
     精神科医 香山 リカ
会場: 朝日カルチャーセンター・新宿

    

ロマンチックでキュートでおしゃれで、大好きな内藤ルネさん。
直接お目にかかれるなんて、ましてやお話を伺えるなんて機会はめったにありません。
某所で知ってすぐさま申し込みました。

香山さんがお名前を呼んで紹介すると、ルネさんがすすすっとご入場。
ご本人指定だという優雅なBGMと共に現れたその人は、
少しレンズが大きめな黒縁のメガネに、首にはスカーフを巻いて、
ああ、初めてお会いしたけれど、間違いなく内藤ルネさんでした。

そこからはもうルネさんの独壇場。
テーマなんてそっちのけで、ご自身のこれまでの人生を大いに語ってくださいました。

周囲に理解されなかった子供時代や、
間近に飛ぶゼロ戦機に追いかけられた戦争のときのこと、
中原淳一先生とのエピソード・・・。
愛する人に裏切られ、騙され、それでも共に生活していること。
その人のことを腐れ縁の意地悪オネエだなんて仰ったりして。

時にユーモアやブラックジョークも交えた楽しいお話、
時に涙がこぼれてしまうような切なく悲しいお話、
その全てを率直に、感性そのままに、お話下さいました。

一生懸命な姿がとってもキュートで、やさしさに溢れていて、
見つめているだけで思わず笑みがこぼれます。



それから、嬉しかったのはルネさんがお好きな映画と音楽のお話が聞けたこと。
女優はグレタ・ガルボマレーネ・デートリッヒ
歌舞伎は『隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)』『二人椀久(ににんわんきゅう)』
バレエは『ジゼル』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』

グロテスクで禍禍しい映画や
ガチャガチャ騒がしいだけの音楽が持て囃される現代。
美しいもの、綺麗なもの、夢のあるものに出逢うのは、
難しいことになってしまいました。

それでも、だからこそ、そういうものへの憧憬は募るばかりだし、
その真価がわかるというものです。

    

ルネさんは、ご本人がお好きだと言うのもあったと思うけれど、
素敵なものを見つけては身体の中に取り込み、
絵を描くエネルギーにしてきたのでしょう。
こんなことを仰っていました。(一字一句は違います。)

「僕はね、絵が下手くそだから、描いて描いて描きまくったの。
 懲りずに今も描いてます。
 天から才能を授かってないから描くしかない。

 描いても描いてもわっと花開かないけど、
 ある日突然、ミュータントのような、不思議なものが出てくる。

 本当に好きだったら、とにかく描くこと。
 投げたらダメ。」




スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

2006年9月12日

野暮用にて外出し、
平日にも関わらずおしゃれタウン・汐留でおランチしてまいりました。
何せ勝手がわからないもので、なんとなーくで入ったベトナムフロッグ(ぐるなびはこちら)。
入った時間がちょっとランチには早かったので、空いてて静かです。

ベトナムフロッグ


その名の通りかわいいフロッグくんがお出迎え。
いや、かわいくはないか。
ベトナムフロッグ


暑かったので胃に優しそうなものが食べたくて、
フォーのセットを注文しました。
…とか何とか言いながらこんなにボリュームのあるメニュー。
ベトナムフロッグ


パクチー好きには嬉しい、瓶にギュウ詰めされた山盛りパクチー。
掘っても掘ってもパクチーが沸いて来る。
ベトナムフロッグ


付け合せは季節感たっぷり。
夏の疲れた身体にピッタリなおかずで嬉しいです。
ビジネスマン向けのランチセットだからこそ、こういう気遣いは素敵ね。

「いろんなきのこマリネ」
お酢の酸味でさっぱりと。

「豚のしょうが炒め」
セロリと生姜の風味が効いてて、んまーい。

「れんこんの変わり揚げ」
サクッとした薄い衣にスパイスが食欲を増します。
ベトナムフロッグ


出ました。フォーーーー。
ツルツル入っちゃう。
サッパリ味のスープは透き通っててきれいです。
ベトナムフロッグ


今日は「特製 鶏団子のフォー」でした。
食べに夢中でピンボケ。
ベトナムフロッグ


あんなに入れたのに余ったパクチー。どうしましょ。
と、目に止まったテーブルの上のスイートチリソース。
素敵なサラダに早変わり。
ベトナムフロッグ


最後はお茶で一息。
ランチなのにちゃんとポットで淹れてくれるなんてー。
至れり尽くせり。
ベトナムフロッグ

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

2006年9月10日

『うす皮一枚』
作・演出:鈴木おさむ
出演:劇団ひとり 山崎静代(南海キャンディーズ)/
     平田敦子 町田マリー(毛皮族) 和倉義樹(毛皮族)/
     村上大樹(拙者ムニエル)
会場:下北沢・本多劇場
URL:http://www.nelke.co.jp/stage/usukawa.html

  

劇団ひとりが、彼の才能が、気になって仕方ない。
相手役は、意外と好きなしずちゃん。
そして作・演出は、あのスマスマの、あのむーたん。

どっちだろう…どっちに転ぶんだろう…期待と不安に襲われつつ、
やっぱり観に行ってしまいました。
しかも大人フェスと同じ日ですよ!頑張りました。

結果、すーっごく良かったです。
いやはや素晴らしかった。
皆さんお笑いのプロなので、さすがテンポとか間合いとか話の流れとか
お客さんありきの飽きさせない作りです。

これはお笑い?真面目にやるの?っていう
観客の様子見姿勢も計算した上での、騙し騙しなストーリー展開。
笑いました。泣きました。
こういう揺さぶりとサプライズのあるお話は、舞台ならでは。
大好物です。

   

しずちゃんはどこへ行ってもどっから見てもきっとしずちゃんだし、
どうするんだろう?と不安でもあったわけですが、
使い方がすっごくうまかったです。
あのキャラクターが効いていた、というより、
あのキャラクターじゃなきゃ成り立たなかったかもしれないとさえ感じさせます。


劇団ひとりの役どころも、
一体どういう人なの?っていう良い意味での裏切りが何度かあるのですが、
その切り換わりがさすが劇団さん!でした。
普段から一人で何役もこなしてらっしゃいますし、真骨頂でしょう。


で、鈴木おさむ。
頭の中はどうなっちゃってるんでしょうか?
きっと「愛」に対して思考も行動も、
ものすごくエネルギーを注ぎ込んでるんだと思う。

この手のラストは独りよがりで興醒めすることが多いのに、
なんなんでしょう、この説得力は。
これだけお笑いな二人が迎えるシュールな展開は
プッと吹き出したって何らおかしくないはずなのに、
どっぷりハマって涙轟轟なんですもの。

  

会場予約限定販売のDVDはもちろん申し込みました。
でも観るとき考えないと後に響くだろうなぁ。
パンフレットはなんと完売御礼で購入できず。
川島省吾氏のセクシーショット満載だったのにー!!

鈴木おさむには、スマスマは程々にしてこっちを続けて欲しいです。
 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

2006年9月10日

熱帯。灼熱。炎天。酷暑。


・・・・・・とにっかく暑い日にわざわざ多摩まで出向き、野外のイベントに参戦してきました。
大人計画による、計画性のあるような無いような大人の祭。
その名も大人計画フェスティバル

会場は廃校になった小学校。
大人計画フェスティバル


まずは野外ステージへ。
校舎への入り口へダッシュする人を脇目に見つつ、
「確実に役者さんたちに会える」を選択した我等。
大人計画フェスティバル


まずは社歌を全員全力で歌って踊って。
大人計画フェスティバル


2ポーズめ。
大人計画フェスティバル


だらだらトーク。

本邦初!松尾スズキ作・演出、大人計画総出演によるミステリー仕立ての野外劇!!

…は、昨日しかやらないらしい。無念。
大人計画フェスティバル


校舎へ入るだけでウン時間待ちとか言うので、そのまま野外で珍×珍トークショー「ボタ山の二人」。
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の原作者と、映画の脚本を書いた人。

外見もキャラクターもちょっと似ていると言われる松尾スズキとリリー・フランキー氏。
実は同じ北九州出身の二人。
同郷・同年代ならではの話からクリエイターとしての話まで、話題に事欠かない二人が、
灼熱の太陽の下、野外ステージに登場!!


大人計画フェスティバル


珍客珍入。
大人計画フェスティバル


そのまま「クイズ☆フェスダス」。

大人計画に関するカルトクイズを出題。
大人計画を古くから知るファンは優勝の可能性大!
松尾スズキ登場で、松尾カルトクイズも出題されるかもしれませんので、
しっかり予習をして、豪華景品をゲット!

早々にリタイアした"一般客"は踊る松尾ちゃんで納涼。
大人計画フェスティバル


ものっすごい行列。
アテにしていた校舎内の無料イベントが遠い遠い。
大人気のクドカン屋敷は当然入れず・・・。
「宮藤官九郎の“あの娘おばけがダンクシュート決めたらどんな顔するだろう屋敷、
 略しておばけ屋敷”」

宮藤と漫画家の天久聖一氏考案のおばけたちが待ち受けるおばけ屋敷。
ただ怖いだけじゃなく、ちょっと笑えるかもしれないおばけたちに、
飛び入りで大人計画の役者も参加します。
風変わりな案内人がお迎えし、不思議な世界へお連れします。


大人計画フェスティバル


物産も色々出てるのですが…。
大人計画フェスティバル


やっと入れたときには売り切れ続出。
欲しいから、というより、命を繋ぐための日除けタオルが売れてます。
大人計画フェスティバル


「皆川猿時の“串タロー多摩センター店”」

10年以上アルバイトしていた“串タロー”(新宿に3店舗ある串焼き屋)と、
港カヲルの原型ともいえるバイトの先輩・田代美千男氏への
オマージュがこめられた串焼き3点盛り。
焼きながら塩を振る皆川の手つきは素人技ではありません。

舞台でこんな表情見たことない。
大人計画フェスティバル


あまり並ばずにやっと買えたケバブ。
んめー。
大人計画フェスティバル


戻りまして・・・パネルの“ディスカッション”。

宮藤官九郎、顔田顔彦と、ゲストに河原雅彦氏、片桐はいり氏を迎え
繰り広げられるパネルディスカッション。
一つのテーマで語り合うという形式も初挑戦の役者たちが、どんな話をするのか。
めったに見られないフリートーク。

あまりの暑さにものすごいリラックス感。
大人計画フェスティバル


唯一クーラーの入っていたといわれる体育館。

「グループ魂in体育館~体調のすぐれない女子は見学~」

昨年末、NHK紅白歌合戦に初出場したグループ魂が、初の体育館ライブ。
そして1日2ステージも初の試み。
フェスティバルのスローガン通り初めて尽くしのライブです。

グループ魂のチケットは当然取れなかったわけですが、
その他どれでも良いから取っておくべきだった。
いや、校舎内のイベントも、どれかひとつは取るべきだった。
だってお屋根があるんですもの。
  


さらさら~っと大人ちゃんたちがお見送り。
今やっと会えた日陰!!
大人計画フェスティバル


楽しかったー。
けど疲れすぎだよ!暑すぎだよ!休めないよ!

その場にいる皆がおかしなテンション。
役者さんたちもスタッフさんたちも、さぞかしお疲れだったことでしょう。

「これ、二度とやらないだろうね。」と会場を後にしました。

 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

2006年9月9日

前回より引き続きまして、ラフォーレ。
たくさんのアーティストから、70歳を祝うバースデーケーキが届いてました。


入り口を入ってすぐ目を引くのがツモリチサト
これきっと、作ってるときすっごい楽しかっただろうなー・・・なんて羨ましくなったり。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

苺とパールとキラキラと。
ハイヒールの裏にもちょこんと苺ちゃん。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

ディテールにいちいちキャアキャア言っちゃって。
よく見るとひとつひとつはチープに見えるものなんだけど、やっぱりかわいい。
いや、チープだからこそ出せるんだろうなー、この無邪気なかわいさは。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


ハイジさんも満面の笑みです。
ドレスだけど本人は下着。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


ニットのダサさってやっぱりかわいいなぁ。
バースデーパーティにはこんなん着て、
大好きな人たちに囲まれながらケーキの蝋燭を・・・って西田ヒカルかよ。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


↑の写真で、奥にひっそり立ってるボディ。
実はこんなアップリケ(?)が。
渋さの中に可愛さあり。
装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

これもラインは大人っぽいのに装飾がコテコテブリブリで良かった。
ディテール盛り盛りやりたい放題なドレス、自分で仕立ててみたいなー。
買ってきたドレスをアレンジするのも楽しそうだ。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

シンボルの青い薔薇が施された、ひときわシックなケーキ。
こういう引き算が出来たら大人。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

実は今回、ファッションショーもやってたんです。
見事に当選し、初体験して来ました。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

美しい娘さんがたが次々に登場して・・・ふわーん・・・ありがたやありがたや。
洋服って絶対に日常と切り離せないものだけど、
そこから解放された洋服はどこまでも非日常的で、
すごいエネルギーと可能性を秘めているものなのね。

やっぱり洋服って夢があるわ。素敵だわ。
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。