さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

2006年9月13日

『かわいいって何?昭和少女文化のカリスマ』

講師: イラストレーター 内藤 ルネ
     精神科医 香山 リカ
会場: 朝日カルチャーセンター・新宿

    

ロマンチックでキュートでおしゃれで、大好きな内藤ルネさん。
直接お目にかかれるなんて、ましてやお話を伺えるなんて機会はめったにありません。
某所で知ってすぐさま申し込みました。

香山さんがお名前を呼んで紹介すると、ルネさんがすすすっとご入場。
ご本人指定だという優雅なBGMと共に現れたその人は、
少しレンズが大きめな黒縁のメガネに、首にはスカーフを巻いて、
ああ、初めてお会いしたけれど、間違いなく内藤ルネさんでした。

そこからはもうルネさんの独壇場。
テーマなんてそっちのけで、ご自身のこれまでの人生を大いに語ってくださいました。

周囲に理解されなかった子供時代や、
間近に飛ぶゼロ戦機に追いかけられた戦争のときのこと、
中原淳一先生とのエピソード・・・。
愛する人に裏切られ、騙され、それでも共に生活していること。
その人のことを腐れ縁の意地悪オネエだなんて仰ったりして。

時にユーモアやブラックジョークも交えた楽しいお話、
時に涙がこぼれてしまうような切なく悲しいお話、
その全てを率直に、感性そのままに、お話下さいました。

一生懸命な姿がとってもキュートで、やさしさに溢れていて、
見つめているだけで思わず笑みがこぼれます。



それから、嬉しかったのはルネさんがお好きな映画と音楽のお話が聞けたこと。
女優はグレタ・ガルボマレーネ・デートリッヒ
歌舞伎は『隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)』『二人椀久(ににんわんきゅう)』
バレエは『ジゼル』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』

グロテスクで禍禍しい映画や
ガチャガチャ騒がしいだけの音楽が持て囃される現代。
美しいもの、綺麗なもの、夢のあるものに出逢うのは、
難しいことになってしまいました。

それでも、だからこそ、そういうものへの憧憬は募るばかりだし、
その真価がわかるというものです。

    

ルネさんは、ご本人がお好きだと言うのもあったと思うけれど、
素敵なものを見つけては身体の中に取り込み、
絵を描くエネルギーにしてきたのでしょう。
こんなことを仰っていました。(一字一句は違います。)

「僕はね、絵が下手くそだから、描いて描いて描きまくったの。
 懲りずに今も描いてます。
 天から才能を授かってないから描くしかない。

 描いても描いてもわっと花開かないけど、
 ある日突然、ミュータントのような、不思議なものが出てくる。

 本当に好きだったら、とにかく描くこと。
 投げたらダメ。」




スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

2006年9月9日

前回より引き続きまして、ラフォーレ。
たくさんのアーティストから、70歳を祝うバースデーケーキが届いてました。


入り口を入ってすぐ目を引くのがツモリチサト
これきっと、作ってるときすっごい楽しかっただろうなー・・・なんて羨ましくなったり。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

苺とパールとキラキラと。
ハイヒールの裏にもちょこんと苺ちゃん。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

ディテールにいちいちキャアキャア言っちゃって。
よく見るとひとつひとつはチープに見えるものなんだけど、やっぱりかわいい。
いや、チープだからこそ出せるんだろうなー、この無邪気なかわいさは。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


ハイジさんも満面の笑みです。
ドレスだけど本人は下着。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


ニットのダサさってやっぱりかわいいなぁ。
バースデーパーティにはこんなん着て、
大好きな人たちに囲まれながらケーキの蝋燭を・・・って西田ヒカルかよ。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


↑の写真で、奥にひっそり立ってるボディ。
実はこんなアップリケ(?)が。
渋さの中に可愛さあり。
装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

これもラインは大人っぽいのに装飾がコテコテブリブリで良かった。
ディテール盛り盛りやりたい放題なドレス、自分で仕立ててみたいなー。
買ってきたドレスをアレンジするのも楽しそうだ。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

シンボルの青い薔薇が施された、ひときわシックなケーキ。
こういう引き算が出来たら大人。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

実は今回、ファッションショーもやってたんです。
見事に当選し、初体験して来ました。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

美しい娘さんがたが次々に登場して・・・ふわーん・・・ありがたやありがたや。
洋服って絶対に日常と切り離せないものだけど、
そこから解放された洋服はどこまでも非日常的で、
すごいエネルギーと可能性を秘めているものなのね。

やっぱり洋服って夢があるわ。素敵だわ。
▲Page top

2006年9月9日

代々木の金魚カフェを出て、次に向かったのはお隣り原宿。
ラフォーレで装苑70周年のイベントが催されていたのです。

円柱には歴代の表紙たちが張り巡らされています。
昔のおしゃれは今のファッションと違ってエレガントだね。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


入り口の前にどどーんと建てられ、
さすがの存在感を放っていたのは「ミナ ペルホネンの家」。
この赤線の囲いが情緒に欠けて、なんとも残念ですが。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』


1時間の家

「1時間の家」と称されたこの家に展示されている布、そして屋根に張られた布のひとつひとつは、すべてつくり始めてから1時間経過した時点の織りであり、刺繍である。
ものが生まれる過程には多くの時間を必要とするが、時間は価値を決める絶対的な条件ではない。
この時間と人がどう関わるかということがクリエーションということなのだと思う。
1時間という作業から生まれる様々な状態の形の奥には、時計では計れない時間がたくさん含まれている。
時間の短縮というメリットと引き換えに、技術の多様性と思考の範囲を狭めてしまうことなく、ものづくりの可能性を探っていくことがクリエーションを自由にする。


装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

大事なのはどれだけ込めたかということ。
込めるのに必要なのは、時間じゃなくて密度。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

仕事の行き届いた布というのは、いくら見ても見飽きないものです。
均一であるところは素晴らしく均一で、
だからといって退屈ではなく、自然に任せた遊びもある。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

色んな人の手を経た布と刺繍の質感、あたたかみ。
太陽光と風と雨に晒されて、また変化する。
自然のものが手仕事を以って人のものとなり、自然の力を以ってまた自然へと返ってゆく。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』



さてさてこちらはF.O.B COOP
オープンテラスのようになったところにカフェがあり、
その前にあるお花屋さんが今日はこんなことになってます。
レースペーパーが幾重にも。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

花と虫。
しかも朽ちている。
この耽美な組み合わせがたまらないのです。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

ここにあるのは命なき生物ばかり。
死して尚、生きることを義務付けられたのだろうか。
生きていた頃の姿を映しているようでいて、色も瑞々しさも失っていて。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

標本もドライフラワーも果実酒も、死んでからでは作れない。
その命の盛りの時に、いちばん美しいときを見計らって、命を絶たねばならない。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

命と時間を捨て、引き換えに永遠の命と時間を得る。
その命が過ごすべきだった時間は実感されることもなく、
封じ込められたまま、二度と戻ることはない。

装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』 装苑70th anniversary weeks in Laforet HARAJUKU 『TOKYO FANTASY』

▲Page top

お友達のお友達、ダイモンナオ。ちゃんが個展をやると言うので、連れて行ってもらいました。
場所は代々木の金魚カフェ
ごちゃごちゃと雑貨が置いてあったり、角が丸かったり、
なんだかいい雰囲気です。

ダイモンナオ。個展 'room


ちょっとくすみの入った色使いとか、色合わせとか、間の取り方がすっごく私好み。
友達の友達・・・みたなことでついてくとそれなりの不安もあるものですが、
こういう出逢いは嬉しいものだね。

ダイモンナオ。個展 'room


当日は個展初日につきオープニングパーティでした。
みんな絵やイラストや小物や・・・自分の作品を発表してる子ばかり。
とっても刺激を受けました。
私の友達は、どうやらそれも狙っていたよう。ありがたいねぇ。

ダイモンナオ。個展 'room


なんとナオちゃんが絵を習っていると言う師匠までサプライズ訪問してました。
売っていたイラスト葉書を買い占めて、来場者に配るという太っ腹ぶり。
やっぱりめちゃめちゃカッコイイ人です。

ダイモンナオ。個展 'room


9月には言ってもまだまだ夏。
暑い日が続いていても、こっそりひっそり柿の木は秋の準備を始めてました。

ダイモンナオ。個展 'room


次回はカフェとしてゆっくり訪れてみたいな。
その節はよろしく頼むよ、金魚さん。
ダイモンナオ。個展 'room
▲Page top

うっそうと茂っております。
青山に現れたジャングルか??
岡本太郎記念館


暑い暑い夏の日でございました。
植物がなんだか南国っぽいんです。
岡本太郎記念館


天に向かってニョキニョキッと。
太陽の光が強い日だったので、特にきれいに見えました。
岡本太郎記念館


これは明月院で見たあの椅子だ!!つながるなぁ。
・・・と思ったけど、↑の記事に写真載せてなかったわ。てへ。
岡本太郎記念館


これがかの有名な!!さり気な過ぎる。
こんにちは。うふっ。
岡本太郎記念館


太陽見てANESSA思い出しちゃいました。
鐘を見て我王思い出しちゃいました。・・・すみません・・・ほんとすんません。
岡本太郎記念館


ぴょこん。
岡本太郎記念館


ぬぼー。
岡本太郎記念館


わっさー。
岡本太郎記念館

▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。