さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

2006年9月12日

野暮用にて外出し、
平日にも関わらずおしゃれタウン・汐留でおランチしてまいりました。
何せ勝手がわからないもので、なんとなーくで入ったベトナムフロッグ(ぐるなびはこちら)。
入った時間がちょっとランチには早かったので、空いてて静かです。

ベトナムフロッグ


その名の通りかわいいフロッグくんがお出迎え。
いや、かわいくはないか。
ベトナムフロッグ


暑かったので胃に優しそうなものが食べたくて、
フォーのセットを注文しました。
…とか何とか言いながらこんなにボリュームのあるメニュー。
ベトナムフロッグ


パクチー好きには嬉しい、瓶にギュウ詰めされた山盛りパクチー。
掘っても掘ってもパクチーが沸いて来る。
ベトナムフロッグ


付け合せは季節感たっぷり。
夏の疲れた身体にピッタリなおかずで嬉しいです。
ビジネスマン向けのランチセットだからこそ、こういう気遣いは素敵ね。

「いろんなきのこマリネ」
お酢の酸味でさっぱりと。

「豚のしょうが炒め」
セロリと生姜の風味が効いてて、んまーい。

「れんこんの変わり揚げ」
サクッとした薄い衣にスパイスが食欲を増します。
ベトナムフロッグ


出ました。フォーーーー。
ツルツル入っちゃう。
サッパリ味のスープは透き通っててきれいです。
ベトナムフロッグ


今日は「特製 鶏団子のフォー」でした。
食べに夢中でピンボケ。
ベトナムフロッグ


あんなに入れたのに余ったパクチー。どうしましょ。
と、目に止まったテーブルの上のスイートチリソース。
素敵なサラダに早変わり。
ベトナムフロッグ


最後はお茶で一息。
ランチなのにちゃんとポットで淹れてくれるなんてー。
至れり尽くせり。
ベトナムフロッグ
スポンサーサイト

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

ケララバワンが2周年記念に無料でミールスを振舞ってくれるらしい、と聞いて
練馬駅まで行ってきました。

ケララバワン 2周年フリーミールス


促されるまま席に着くと、目の前には紙で出来たバナナの葉。
その上に料理が手際良く盛り付けられていきます。
このボリュームで無料だなんて~!!
なんと200食用意されたのだとか。インド人もびっくり。

今回は素材にもこだわってくれました。
カレーリーフやココナッツは乾燥ではなくフレッシュなものを、
ドラムスティック、ヘビウリ、イモ、パヤサムに使用する黒糖等、
ほぼインドのもの(もしくはそれに限りなく近いもの)を用意してくれたそうです。


ケララバワン 2周年フリーミールス


もちろんカレーやライスはお代わり自由。
ライスは日本米&ケララ赤米の紅白でいかにもめでたい!!

他のメニューは・・・。
 サンバル (ドラムスティック入り)
 ポリヤル (ヘビウリ入り)
 アヴィヤル (※特別メニュー)
 ヨーグルトカリー (※特別メニュー)
 アチャール2種類
 パパド (ケララ製)
 オーラン

ケララバワン 2周年フリーミールス


ラッサムも付いて来る!!
ケララバワン 2周年フリーミールス

デザートまで!!パヤサムというそうです。
ココナッツミルクの香り漂う甘~いお粥、って感じです。
馴染みの無い味だけど、食べてるうちにクセになるの。
ケララバワン 2周年フリーミールス


素材も量も贅沢だけれど、
それより何より気持ちがふんだんに込められているお料理でした。
やっぱりインドの方は気前が良いなぁ。優しいなぁ。

今度は普通のなんでもない日にお邪魔したいです。
ケララバワン 2周年フリーミールス
 
▲Page top

おしゃれな人が集う街・青山。
グルメな人の舌を満足させる街・青山。

お食事する場所には困らないはずなんだけど、
下調べもろくにせず繰り出して来たstrangerはやっぱり困ってしまうわけです。
前から行ってみたからバルバッコアグリルには当然のように満席でふられ、
仕方がないので辺りをブラブラ。

たまたま見かけたのが地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎(ぐるなびはこちら)。
ビルの窓からはオレンジ色のあたたかい光が漏れ、
両手を広げたよりも大きな炉ばたから、炭火焼の煙がもうもうと上がっています。

これはうまそう!!
運良く炉端の目の前の席が空いていたので、
次々に焼かれていく食材を眺めながらの宴席となりました。

● お通し
冷製ポタージュと野沢菜漬ですよ、いきなり。
これは期待が高まります。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎


● たこのやわらか煮
その名を裏切らず、食感はとんとろやわらか。
和食らしく、ほんのりした甘みで味付けもやわらか。
箸でもちぎれるですよ。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 たこのやわらか煮


● 天然うにと帆立の合焼き
ビジュアルが素晴らしいでしょう??
うにと帆立を一緒に食べるだなんて贅沢なっ!
しかも生の方がうまいのを焼いちゃうだなんて!
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 天然うにと帆立の合焼き<br />

はぁあああ。前言撤回。
ちゃーんとぷりっとした生の良さは残しつつ、
焼いたことで甘みも増すし、エキスも楽しめるっていうオマケつき。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎



● 釧路産つぼ鯛干物炉端焼き
この子が網の上で焼かれるところ、しかと見届けておりました。
脂たっぷりだからジュージューと音を立てながら、良い焦げ色つけてましたよ。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 釧路産つぼ鯛干物炉端焼き

ほーれほれ。
脂でツヤツヤでしょう??やわらかそうでしょう??
そうなんですそうなんです。
濃厚な味にはザクザク粗削りな大根おろしがサッパリうんまい。お見事!!
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 釧路産つぼ鯛干物炉端焼き


● おくらと大和芋でとろとろ豆富
とろとろしたものばっかり頂いちゃって、顔も頬もとろとろ緩みっぱなしですわ。
ちゃんと味がついているので、醤油などかけずに頂きます。
おくらと大和芋と豆腐と、それぞれが大好きだからこそ、それぞれ本来の味を楽しみたい。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 おくらと大和芋でとろとろ豆富


● 特製ダシで肉厚どんこしいたけ
お腹がいっぱい!だけどまだ食べたい!で、椎茸でございます。
地味。いたって地味。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 特製ダシで肉厚どんこしいたけ

炭火の醍醐味を楽しむには、やっぱりこういったシンプルなメニューですよ!!
はい、確かに肉厚です。
しかも、ジューシーです。プリプリです。香ばしいです。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 特製ダシで肉厚どんこしいたけ


● 谷中生姜の豚バラ巻金山寺みそにつけて
某豚料理居酒屋でお気に入りなメニューがあったので思わずオーダー。
豚バラちゃんの脂がじゅわっと染み出たところに、谷中生姜のサッパリした辛味がすかさずアタック!!
この連携プレーがたまらんとです。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 谷中生姜の豚バラ巻金山寺みそにつけて

"金山寺みそにつけて"みました。
甘みがさらに加わりまして、辛味との絡みは言わずもがな。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 谷中生姜の豚バラ巻金山寺みそにつけて


● 北海道板こぶ七輪炙り
ブレちゃってますがね。
お腹がポンポコリンで、こんなものしか食べられんのです。
いや、侮るなかれ、これがまた香ばしくてしみじみ旨い。
長く付き合える、素敵な酒の友。
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 北海道板こぶ七輪炙り


● 青海苔のみそ汁
締めはやっぱり味噌汁でしょ??
ぐらぐら煮立った鍋から、磯の薫りが充満した湯気と共に注いでもらえば、
気分は猟師。
青海苔ってさー、旨いよねーやっぱり!!
地魚炙り焼と和酒 おけやの鈴太郎 青海苔のみそ汁


奇をてらった○○風無国籍お料理が蔓延する中、
シンプルな味で勝負する和食のお店は嬉しいものですな。
しかもここ、青山なのに、こんなにいい食材揃えてるのに、
けっこうリーズナブルなのですよ。
嬉しいものですな。
 

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

▲Page top

この日、アートツアーの最初の場所を原美術館にしたのは
友達をここに連れてきたかったからなんです。

初めて来たときに感激したカフェ ダール。
夏の庭は、芝生も青々として気持ちが良いです。
窓から降り注ぐ陽の光も強くて、料理がキラキラ輝いて見えます。

原美術館 カフェ ダール(Cafe d’Art)

さてさて。まずは前菜。
この時点で私たちは、満面の笑みで「おぉ~」と唸ります。
日替わりなので、メニューを選ぶ時点ではどんな見た目かわからないのです。
だからこれは、当たりの「おぉ~」。

原美術館 カフェ ダール(Cafe d’Art)

プリップリの蛸に酸味の利いたオリーブオイルのソース。
サッパリ食べやすくて精のつく、夏に嬉しいお料理です。
オリーブの実も大好きなので、モリモリ頂きました。
考えてみたら生ってちょっと珍しいかも。

原美術館 カフェ ダール(Cafe d’Art)

パンは温かく、外側パリッと、内側はふんわり柔らかでしっとりと。
うんうん、そうでなきゃね。
コーンの粒々と甘みもアクセント。
メインが来る前に食べきってはいけません。

原美術館 カフェ ダール(Cafe d’Art)

出ました、メインの羊ちゃん。
鴨肉同様、羊肉が選択肢にあったなら、それはつまりGOのサインなのです。
ワインのソースでオーソドックスな味付け。

原美術館 カフェ ダール(Cafe d’Art)

枕にしているのはアンデーブ(かな?)のクレープ。
切り口も美しいです。

ふにゃっとした感触・・・って書いちゃうと語弊を産みそうだけど、
優しいやわらかさがなんだか嬉しい。
食感と苦味が、甘めのソースや脂分の多い肉と合うの。
さりげなさく引き立てる、名脇役です。

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

千葉県八千代市勝田台にあるサウンドカフェバー Beat'sで開催された
『大インド祭り』なるイベントに行ってきました。

前半は南インド料理のミールスに舌鼓を打ち、
後半はシタールライブに酔いしれるという、
舌と耳でインドを感じるお祭りです。

Beat’s 大インド祭り
席に着くと、テーブルの上にはバナナの葉が並んでいました。
座って待っていると、一品ずつ盛り付けてくれます。
だんだん目の前でミールスが出来上がっていく様子は、見ているだけでも楽しいです。


Beat’s 大インド祭り
夏らしいサッパリしたお味。

Beat’s 大インド祭り
コーンポタージュじゃないよ。
豆好きにはたまらない豆々したスープ。

Beat’s 大インド祭り
生姜と青とうがらしがピリリ。

Beat’s 大インド祭り
椎茸がうんまい。

Beat’s 大インド祭り
ヨーグルトとオクラの組み合わせは酸っぱくてねばねばして・・・。
独特だけど、慣れるとクセになる。

Beat’s 大インド祭り
うだるような暑さの夏に嬉しい酸っぱいスープ。

Beat’s 大インド祭り
気分はMAHARAJA!!
しかもプレミアム。

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。