さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

2006年9月10日

『うす皮一枚』
作・演出:鈴木おさむ
出演:劇団ひとり 山崎静代(南海キャンディーズ)/
     平田敦子 町田マリー(毛皮族) 和倉義樹(毛皮族)/
     村上大樹(拙者ムニエル)
会場:下北沢・本多劇場
URL:http://www.nelke.co.jp/stage/usukawa.html

  

劇団ひとりが、彼の才能が、気になって仕方ない。
相手役は、意外と好きなしずちゃん。
そして作・演出は、あのスマスマの、あのむーたん。

どっちだろう…どっちに転ぶんだろう…期待と不安に襲われつつ、
やっぱり観に行ってしまいました。
しかも大人フェスと同じ日ですよ!頑張りました。

結果、すーっごく良かったです。
いやはや素晴らしかった。
皆さんお笑いのプロなので、さすがテンポとか間合いとか話の流れとか
お客さんありきの飽きさせない作りです。

これはお笑い?真面目にやるの?っていう
観客の様子見姿勢も計算した上での、騙し騙しなストーリー展開。
笑いました。泣きました。
こういう揺さぶりとサプライズのあるお話は、舞台ならでは。
大好物です。

   

しずちゃんはどこへ行ってもどっから見てもきっとしずちゃんだし、
どうするんだろう?と不安でもあったわけですが、
使い方がすっごくうまかったです。
あのキャラクターが効いていた、というより、
あのキャラクターじゃなきゃ成り立たなかったかもしれないとさえ感じさせます。


劇団ひとりの役どころも、
一体どういう人なの?っていう良い意味での裏切りが何度かあるのですが、
その切り換わりがさすが劇団さん!でした。
普段から一人で何役もこなしてらっしゃいますし、真骨頂でしょう。


で、鈴木おさむ。
頭の中はどうなっちゃってるんでしょうか?
きっと「愛」に対して思考も行動も、
ものすごくエネルギーを注ぎ込んでるんだと思う。

この手のラストは独りよがりで興醒めすることが多いのに、
なんなんでしょう、この説得力は。
これだけお笑いな二人が迎えるシュールな展開は
プッと吹き出したって何らおかしくないはずなのに、
どっぷりハマって涙轟轟なんですもの。

  

会場予約限定販売のDVDはもちろん申し込みました。
でも観るとき考えないと後に響くだろうなぁ。
パンフレットはなんと完売御礼で購入できず。
川島省吾氏のセクシーショット満載だったのにー!!

鈴木おさむには、スマスマは程々にしてこっちを続けて欲しいです。
 
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

2006年9月10日

熱帯。灼熱。炎天。酷暑。


・・・・・・とにっかく暑い日にわざわざ多摩まで出向き、野外のイベントに参戦してきました。
大人計画による、計画性のあるような無いような大人の祭。
その名も大人計画フェスティバル

会場は廃校になった小学校。
大人計画フェスティバル


まずは野外ステージへ。
校舎への入り口へダッシュする人を脇目に見つつ、
「確実に役者さんたちに会える」を選択した我等。
大人計画フェスティバル


まずは社歌を全員全力で歌って踊って。
大人計画フェスティバル


2ポーズめ。
大人計画フェスティバル


だらだらトーク。

本邦初!松尾スズキ作・演出、大人計画総出演によるミステリー仕立ての野外劇!!

…は、昨日しかやらないらしい。無念。
大人計画フェスティバル


校舎へ入るだけでウン時間待ちとか言うので、そのまま野外で珍×珍トークショー「ボタ山の二人」。
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の原作者と、映画の脚本を書いた人。

外見もキャラクターもちょっと似ていると言われる松尾スズキとリリー・フランキー氏。
実は同じ北九州出身の二人。
同郷・同年代ならではの話からクリエイターとしての話まで、話題に事欠かない二人が、
灼熱の太陽の下、野外ステージに登場!!


大人計画フェスティバル


珍客珍入。
大人計画フェスティバル


そのまま「クイズ☆フェスダス」。

大人計画に関するカルトクイズを出題。
大人計画を古くから知るファンは優勝の可能性大!
松尾スズキ登場で、松尾カルトクイズも出題されるかもしれませんので、
しっかり予習をして、豪華景品をゲット!

早々にリタイアした"一般客"は踊る松尾ちゃんで納涼。
大人計画フェスティバル


ものっすごい行列。
アテにしていた校舎内の無料イベントが遠い遠い。
大人気のクドカン屋敷は当然入れず・・・。
「宮藤官九郎の“あの娘おばけがダンクシュート決めたらどんな顔するだろう屋敷、
 略しておばけ屋敷”」

宮藤と漫画家の天久聖一氏考案のおばけたちが待ち受けるおばけ屋敷。
ただ怖いだけじゃなく、ちょっと笑えるかもしれないおばけたちに、
飛び入りで大人計画の役者も参加します。
風変わりな案内人がお迎えし、不思議な世界へお連れします。


大人計画フェスティバル


物産も色々出てるのですが…。
大人計画フェスティバル


やっと入れたときには売り切れ続出。
欲しいから、というより、命を繋ぐための日除けタオルが売れてます。
大人計画フェスティバル


「皆川猿時の“串タロー多摩センター店”」

10年以上アルバイトしていた“串タロー”(新宿に3店舗ある串焼き屋)と、
港カヲルの原型ともいえるバイトの先輩・田代美千男氏への
オマージュがこめられた串焼き3点盛り。
焼きながら塩を振る皆川の手つきは素人技ではありません。

舞台でこんな表情見たことない。
大人計画フェスティバル


あまり並ばずにやっと買えたケバブ。
んめー。
大人計画フェスティバル


戻りまして・・・パネルの“ディスカッション”。

宮藤官九郎、顔田顔彦と、ゲストに河原雅彦氏、片桐はいり氏を迎え
繰り広げられるパネルディスカッション。
一つのテーマで語り合うという形式も初挑戦の役者たちが、どんな話をするのか。
めったに見られないフリートーク。

あまりの暑さにものすごいリラックス感。
大人計画フェスティバル


唯一クーラーの入っていたといわれる体育館。

「グループ魂in体育館~体調のすぐれない女子は見学~」

昨年末、NHK紅白歌合戦に初出場したグループ魂が、初の体育館ライブ。
そして1日2ステージも初の試み。
フェスティバルのスローガン通り初めて尽くしのライブです。

グループ魂のチケットは当然取れなかったわけですが、
その他どれでも良いから取っておくべきだった。
いや、校舎内のイベントも、どれかひとつは取るべきだった。
だってお屋根があるんですもの。
  


さらさら~っと大人ちゃんたちがお見送り。
今やっと会えた日陰!!
大人計画フェスティバル


楽しかったー。
けど疲れすぎだよ!暑すぎだよ!休めないよ!

その場にいる皆がおかしなテンション。
役者さんたちもスタッフさんたちも、さぞかしお疲れだったことでしょう。

「これ、二度とやらないだろうね。」と会場を後にしました。

 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

パルコ・プロデュース公演 『噂の男』
場所 : PARCO劇場
日時 : 2006年8月20日
URL : http://www.parco-play.com/web/play/uwasa/
作  : 福島三郎
演出 : ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 : 堺 雅人 橋本じゅん 八嶋智人 山内圭哉 橋本さとし


阿修羅城の瞳 2003 劇団新感線(DVD) アール・アンド・シー 時給800円/GREATEST HITS Piper/ひーはー ビクターエンタテインメント 石井一孝/浦井健治/橋本さとし/石川禅/他/BEST MUSICAL(2)


お芝居を見るようになってからまだ日の浅い身ではありますが、
段々と、テレビではあまり見かけないけれど、舞台でよく見る役者さん、
というのが増えてきました。

人気のあるところにしょっちゅう呼ばれていて、
役が違ってもその人らしさが滲み出ている役者さん。
どんな料理にでも使えるけれど、
必ず素材そのものの味が感じられる野菜みたいな。
「この人出すのはずるい。」と言いたくなるような。

で、この『噂の男』のキャスティング・・・
ずる過ぎるでしょ。卑怯でしょ。
これぞ正しく”役者が揃った”ってことかも。

根っからの良い人、悪い人。
良い人ぶってて実は悪い人。
見るからに悪そうだけど、本当は良い人・・・に見せかけて実は??
騙しているのか、騙されているのか、そのふりをしているだけなのか・・・。
その辺の二転三転がうまいですよねー。
観ていて何度も裏切られ、ガッカリしつつも、
本気で憎憎しいのがむしろ快感だったりして。

正直、グロくて最低な話で引くところも多かったし、
手放しで人に勧めたいとも思わないのだけれど、
それでもやっぱり面白かった!!
あー。最近こういうの多いなぁ。

蛇足ですが・・・せっかくここまで揃えたのだから、
うまいこと五人だけのお芝居にして欲しかったりもしました。
ケラさん演出の五人芝居でシリーズ化されないかしら~。
 
DVD やさぐれぱんだ 金盤   DVD やさぐれぱんだ 銀盤  DVD やさぐれぱんだ 白盤 DVD やさぐれぱんだ 黒盤



テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

少年社中 第17回公演 『アルカディア』
場所: シアタートラム
日時: 2006年8月17日(木)19:30
URL : http://www.shachu.com/special/lost_adventure/arcadeia/index.html
作・演出: 毛利亘宏 
出演: 井俣太良  大竹えり  岩田有民  堀池直毅  森 大  廿浦裕介  加藤良子 長谷川太郎  杉山未央 山川 ありそ 宇都宮直高 松下 好(エルカンパニー) 宮本 行(ブルージェイイースト) 土屋 雄(innerchild) 鈴鹿貴規(Team AZURA)  加藤 敦(ホチキス)  芳賀 淳子(Ele-C@)園山ことえ(SUPER★GRAPPLER)

友達に誘われて、廃墟に眠る少年の夢三部作の完結編『アルカディア』を観て来ました。
少年社中は、同シリーズの第一作『リドル』以来です。

つまり二作目だけうっかり見逃しているわけですが・・・
個々の作品は独立しているので、わかりづらい、ということもなく楽しめました。
同じ役名が使われていたり、
しかもその役を同じ役者さんが演じていたり、
見つけるとちょっと嬉しくなるポイントもあります。

少年の夢・・・ってやっぱり冒険とロマンなのでしょうか??
キャラクター、設定、セリフ、ストーリー展開、
語尾につける擬音や妙に声が高くてかわいすぎる女の子たち・・・
全てが週間少年ジャンプっぽいんです。

   


でもそこはやはり演劇。
紙の上や二次元では到底かなわない表現を駆使した、
エンターテインメント性の高い作品でした。

前回も衝撃を受けた衣装。
観る前から楽しみにしていたのですが、やはり期待を裏切りません。
キャラクターたちの住む世界や立場、性格がくっきりと浮かび上がります。
それが役者さんが動くたび、踊るたびに布が舞って
本当に綺麗なんです。

それから歌。
主役の役者さんは本当に歌がうまかったー。
澄んだ声がホール中に響き渡り、それだけでも感動しました。

ダンスも相変わらず見事だったし、まさに"魅せる舞台"でした。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

こどもの城+ネルケプランニング プロデュース 
『南国プールの熱い砂』
場所: 青山円形劇場
日時: 2006年8月4日(金)
URL : http://www.nelke.co.jp/stage/pool.html
作・演出: 桑原裕子 
出演: 渋谷琴乃 小橋めぐみ 伊達暁(阿佐ヶ谷スパイダース)
     笹峯あい 小手伸也(innerchild) 宮下今日子(サードステージ)
     平沼紀久(劇団方南ぐみ) 原扶貴子(KAKUTA)
     成清正紀(KAKUTA) 川久保拓司 横山真二(KAKUTA)
     吉田晋一(カムカムミニキーナ) 桑原裕子(KAKUTA)

南国プールの熱い砂


気になりつつもなんとなーくチケット購入を見送っていた公演。
でも実際始まると急に観たくなっちゃいませんか??
『南国プールの熱い砂』もその一つです。
平日の仕事帰りに青山劇場へ直行し、当日券をゲットしてきました。
思いつきでふらっと一人、舞台を観に行くなんてなんだか素敵。
大したことでもないのに自分に酔い、無駄にウキウキしてしまいます。

KAKUTAで以前上演した作品で、もちろん脚本は桑原さんが書いています。
今回は桑原さんが演出を手掛けるようだし、
KAKUTAのメンバーも何人か出るようなので・・・と重い腰を上げました。

男は女にロマンを求め、女は男にロマンを求めるものなのでしょうか??
男性が書いた脚本に出てくる女性はジャンプのヒロインみたいだし、
女性の書く男性は別マの主人公が片思いを寄せる男子みたいだし、
「そんな奴おらんやろう」がどうしても気になるときがあります。

現実に辟易すると、人は妄想に逃げ込むものなのでしょうか??
あまりに俺ワールド全開だと他人はついて行けません。

桑原さんの作品は過去2回(1,2)観ただけですが、
女性にしては男っぽい(と言って良いのか分からないけど)本を書く印象がありました。
で、色々あるけど…解決しないけど…明日があるさ、的な
とっても現実感漂う部分と創作ならではの面白みを孕んだ展開。
その辺のバランスが私にはちょうど良いのです。
少年漫画愛読女子向け…と申しますか。


南国プールの熱い砂


で、今回。
波の音にラジオから流れる軽妙なDJの声…
円形の会場全体が南国リゾートの浮かれ気分に包まれていました。
下のフロアがプールになっているので、
独特な塩素の匂いがさらに気分を掻き立てます。
どんな楽しいお芝居が始まるんだろう…とワクワクしちゃいました。

もうそういった諸々のお膳立てがあって、何枚も色眼鏡をかけた上で観たんです。
……見事に裏切られました。
こういう種類の鈍い痛みを感じさせる物語も書いちゃう人なんですね。
サバサバとスパッと軽快に語っていくのが得意なのかと思っていたのですが、
その辺を活かしてどーんと沈めるのもうまかったです。
もう何を書いてるか良くわからないけれど、
とにかく言いたいことは…また観にゆくぜ!KAKUTA!!

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。