さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

 東京ドームに行く用事があったので、LaQuaでランチをすることに。
KONISHIKIがプロデュースしている、
ちゃんこ&ハワイアン料理のお店に行ってきました。
その名も『あんばらんす』。なーるほど THE ネーミング。

あんばらんす 両方食べられるの?と思いきや、中でお店が真っ二つに分かれているんですね。入り口で「ハワイアンと和食、どちらにしますか?」と訊かれます。
 実はこのお店に来るの、2度目なのです。前回はやっぱり定番だし・・・とパイナップルの載ったハワイアンロコモコをオーダー。フルーツが入ってる料理って基本的に苦手なんだけど、心配した変な甘さもなく美味しく頂いたものです。フルーツありじゃん!ってちょっとした嬉しい発見でした。
 なのに今日のメニューに書いてあるハワイアンロコモコには、パイナップルが載ってなーい!!どうして?ランチだから?

あんばらんす HuLaHut じゃあ他の変り種ロコモコにしようかしら?いや、どうせなら食べたことのない料理にしよう。で、このカルーアピッグ 照り焼きチキン添えにしました。Kalua=野外。ハワイの野外パーティで食べられてるお料理なんですって。豚肉をバナナの葉っぱで包んで蒸し焼きにしてあります。それにしてもかなりボリューム・・・。関取かハワイ人の体型になってしまいそうだわ。
 目玉焼きは黄身がほぼ生の状態です。ほーぅら、重力に耐え切れず今にもこぼれ落ちそうでしょ?ていうかこれって、ご飯&照り焼きと混ぜ混ぜしたらそのままロコモコじゃーん。なんてお得なんでしょう。照り焼きソースと黄身が絡んで・・・んっまーい。
あんばらんす HuLaHut ではでは・・・御開帳~!!
バナナの葉をほどいてゆくと、葉っぱの薫りがする湯気と共にお豚様のお目見えです。一緒に包まれているのは何の野菜だったんだろう?大根の葉っぱに似た味と薫りが豚肉と良く合います。
 見た目は"肉塊"って感じでインパクト大だけど、ホロホロ崩れて柔らかいし、サッパリしているから食べやすいのです。女性の好きな味ですわ。日本人の口に合う味ですわ。
 あと添え物のポテトがまた侮れない。サクッと揚がっていて香りがいいんです。使っている油が違うのかしら?ピーナツ油とか香りのいい油。気づけばパクパク食べ進んでました。

 目と鼻を刺激するお食事って幸せ運んでくれますよねー。
ライブスペースもあるから、夜はまた違った楽しさがありそうです。
たまにKONISHIKIさんも出演してるみたい。
やっぱええなぁ・・・ハワイ。


スポンサーサイト

テーマ:世界の料理 - ジャンル:グルメ

▲Page top

なんと珍しいことでしょう!!
お料理なんてしちゃいました。

今日は有休とってて、昼間っから家にいたのです。
余り物の有り合せで適当に作った
・・・わりにはなかなか美味しく出来て、自己満足。
材料に恵まれていないほうが、結局新しい味に出逢える気がするなー。
今回もご飯は炊くの面倒だし、冷蔵庫でドリップ出しまくってる鶏肉を使わなきゃ・・・
ってとこから始まりました。
ご飯無かったら麺類しかないものね。

鶏肉とネギのスパゲティ 柚子胡椒風味
名づけて・・・
「鶏肉とネギのスパゲティ 柚子胡椒風味」

これでもう作り方の説明もいらないくらい
ひねりの無いネーミング。

1) たっぷりのお湯でパスタをゆでておいてください。
  白髪ネギは水に浸しておきましょう。

2) 1口大くらいにそぎ切りした鶏肉と斜めに輪切りしたネギを炒めます。
  鶏肉の皮からけっこう脂が出てくるので、
  油は少なめでいいみたいです。

3) だいたい火が通ったら、白ワインを少し振りかけてから
  落し蓋をして蒸らします。
  (この必要あるのかなぁ?なんとなくお肉が柔らかくなる気がします。)

4) 柚子胡椒をたっぷりめに入れ、塩で味を調えます。
  しょう油もちょろっと垂らしましょう。和風ですから。
  さらに炒めます。

5) 固めに茹でたスパゲティーを加え、
  茹で汁で溶かしたチキンブイヨンとともにからめていきます。

6) お皿にこんもり盛り付け、
  刻んだ海苔と白髪ネギを上から載せたら出来上がりです。


鶏肉とネギのスパゲティ 柚子胡椒風味 普段料理もしないし、料理の本もあんまり読まないので、まぁそんな人が書いたようなレシピですね。レシピですか?これ・・・。

 実際はものすっごい手際が悪いので、パスタが思いっきり伸びちゃいました。
 パスタ作ると決めたらとりあえずお湯沸かすでしょ?沸いた!と思ったら慌ててパスタ入れちゃうでしょ?そこで気づくわけですよ。
「やっばい、具考えてない!!」
当然間に合いませんわなぁ。
炒めてる間に一旦パスタをざるに上げちゃったりして。
蕎麦じゃないってんだよ。
で、具とパスタを合わせた後もなかなか味が決まらないから、
どんどん時間は過ぎてゆき・・・。

料理に大切なのは手際、火加減、塩加減。
今後学んでゆきたいと思います。
次はいつになることやら。




テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

▲Page top

『ワダエミの衣装世界』
場所: 梅窓院・祖師堂ホール
URL : http://www.ints.co.jp/wada/

ワダエミの衣装世界 もう入口からドキドキしませんか?
とっても良い雰囲気で、期待が高まります。湯豆腐の美味しいお店、みたいな佇まいですがお寺さんです。
 ずーっと楽しみにしていたワダエミさんの衣装展。洋服大好きな私は最近にわかに舞台づいていることもあり、衣装に興味深深なのです。舞台ではなかなか細かいところまで見られないので、こんな機会はどんどん増やしてくれなきゃ困りますね。
 最初は和田勉の奥さん?ぐらいしか知らなかったのだけれど、『浪人街』を観てからというもの、崇拝しておりました。そのとき買ったパンフレットには衣装のデザイン画や、着込んでこそ味が出て完成する衣装のお話が載っていて、もう面白くて何度も読み返しています。

ワダエミの衣装世界 さて、さっそく中に入ってみましょう。
作品ごとに並べられた衣装は、無機質なマネキンが着ていても十分魅力的です。だからこそ益々、役者本人が来た姿で見てみたいと思ってしまうのよねー。どうしてもサイズが合ってなくて衣装本来の計算されたラインが見えないことが多かった。せめてその役者サイズの特注マネキンを用意してくれたら全然違っただろうな。もったいない。
 素材の面白さや贅沢にあしらった刺繍など、舞台や映画では見えないような細かいところまでこだわった豪華な衣装。でも、見えなくてもやっぱり存在感が違ってくるのでしょうね。実際に使われた作品の映像も流れていたけれど、本っっ当に美しかった。

LOVERSラヴァースHERO通常版 特に『HERO』と『LOVERS』は戦闘や踊りのシーンが多くて、その魅力がたっぷり味わえます。役者さんが動くたびに長い袖や裾のドレープがひらひら綺麗に舞うのだけれど、布の柔らかさや透け感が布好きにはたまらないの。その瞬間ごとに流れて変化していくラインは、風のような音楽のような心地よさです。
 チャン・イーモウ監督自身も色にこだわりのある方だそうで、背景の色がとっても美しい。背景と衣装の組み合わせが絶妙で、お互いに引き立てあってるんです。これはもう衣装観るためだけにレンタルしようと誓いました。

浪人街 ◆20%OFF! でもでもやっぱり!!一番嬉しかったのは『浪人街』の衣装に直接触れられたこと。もうひっくり返したり中に手を突っ込んだり、触れるところは全部触ってきました。裏側に回って、しゃがみこんで、あらゆる角度から観察。
 ちょっと"思い出しにやけ"したり感動で泣きそうになったり、かなり怪しかった筈。他人が着てた服を触りまくって喜んでる時点で十分おかしいけどさー。ワダエミさんの意図通り、役者さんによってしわや色あせの出方が違っているのがまた面白いんです。魅力的で個性的なキャラクターばかりの舞台だったので、本人たちに再会できた気がしてとっても幸せでした。
 女性の衣装はとにかく贅沢。着物の縦縞が、染めや織りではなく、布の縫いあわせで作られていたり、長襦袢の花柄に刺繍があしらわれていたり。柄じゃないから立体感があって、触るとすごく楽しいの。もちろん当時の町人はこんなに豪華なものを纏っていたわけはないのだけれど、それが舞台衣装の素敵なところ。夢があるね。

 たまたまなんだけど、ちょうど特別公開をやっていて、
普段は舞台の下から眺めることしか出来ない展示を
舞台に上がって間近で観ることが出来たんです。
京都 清水寺奉納・青龍会で使われる青龍と、練り歩く人たちの衣装。
黒沢明監督『夢』で使われた雛人形の衣装。
接近してまじまじ見た後、また遠くから全体を見てみました。
細かいところももちろん素晴らしいんだけど、
どちらも遠くから見たとき綺麗に見えるように出来てるんです。
なるほどなー。

ワダエミの衣装世界 全世界3000冊限定発売の『ワダエミの全てーメイキングブック』は当然のように売り切れで、そのお姿を拝見することすら叶いませんでした。あーあ。無いとわかると欲しさ倍増なのが人の常。初日に買いに行けば良かったかなぁ。香港、ロンドン、アムステルダム、パリ、アメリカなどで売ってるらしいけれど、どうにか手に入れられないものかしら。
 チケット予約で貰ったエミブルーのシルク片は、6cm角しかないけれど大切な宝物です。もったいなくて使えないのがまたもったいない。

 今回は本当に収穫が多くって、記事にするにも時間がかかりました。ワダエミさんのインタビューVTRも観たんですが、本当に魅力的な女性です。
瞳も笑顔もキラキラ。
齢を重ねるのが楽しみになりますよね。がんばらなきゃー。

テーマ:展覧会案内 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

宝 乳飲料コーヒー 200ml瓶×24本劇団コーヒー牛乳
『ソドムの紅い月 ~怖いよー怖いよー~』
場所: 大塚 萬スタジオ
日時: 12月11日(日)14:00
出演: 阪本浩之、石黒圭一郎、西川康太郎、趙 承禧、
    千葉伸吾、鈴木ひろゆき、伊藤今人、
    柿ノ木タケヲ(以上 劇団コーヒー牛乳)
    加藤 敦、橋本哲臣、小玉久仁子(以上 ホチキス)
    松葉祥子、辻佑実子、杉浦恵
URL : http://www.coffee-milk.com/


ソドムの紅い月 はい、ずーっと楽しみにしておりました。
blogで鼻息を荒げ、ネットラジオでニタリと笑い、更新されない公式特設サイトを幾度となく訪れ、その日が来るのを指折り数えて待っておりました。

だってホチキスから3人も!
メインキャストが3人も!
大好きな人たちが3人も!

 これだけホチキスがいたらもうこれはホチキスでしょう。言い過ぎました。ホチキス牛乳ぐらいは行ってるでしょう。いや、コーヒーホチキスぐらいでしょうか。想像しただけで鼻血が止まりません。

 客演してる役者さんを観に行くときの醍醐味って、新しい魅力の発見にあると思う。いつもと違う脚本や演出でどんなお芝居を見せてくれるか。普段はつかないような役で聞いたことないような台詞回しや動きなんかしちゃって。そういうのが楽しい。逆に、本来の魅力が生かされ切れず、無駄遣いされちゃってもったいないなぁって時もあるけど、それはそれでやっぱり楽しい。

さてさて今回は・・・。
面白かったー。いやぁ満足満足。
ちゃんと3人の魅力をわかってて、3人のことが好きな人たちが、
3人の持ち味を生かして、贅沢に調理してくれました。
今までとまた違ったスパイスが効いていて、
たいへん美味しゅうございました。

スーパーテレビパソコン専用ソフト 名探偵コナン 推理アドベンほんとはね、ホラー大っっっ嫌いなんです。
だから苦手な雰囲気だったらどうしようって心配してたんだけど、
程よき塩梅でお子ちゃまにも安心な味付け。よかったぁ。
細かく、大きく、笑わせていただきました。

ぶっちゃけコ○ン君はたまにうざかったけど、
(まぁそれが彼の役目だけどね)
常識人・明智さんがうまく中和してくれたからさして気にならず。
かといってキャラをつぶすわけではない見事な突っ込み。
明智さんは、黙ってりゃかっこいいのに
不器用で周りに振り回されちゃって憎めないんですよね。
彼はこういう役がほんとぴったり。

どピンクの服着てぶっ飛んだお母さんも流石!の演技で
会場中の視線と笑いを全て持っててました。
ホチキスのとき以上にイキまくってたわぁ。
ものっすごい踊ってたし。突然歌い出すし。

長男くんも大活躍でしたね。
お気楽おぼっちゃま→お姉さんにドギマギ
→お母さんに甘えん坊→ショックの余り故障・・・。
目くるめくキャラ替わりでいろんな魅力が楽しめました。

KOKUYO(コクヨ)ユニバーサルデザインフラットクリンチステープラー<ラッチキス>あー、なんでこんなにもホチキスにはまっちゃったんだろう。
とっても魅力的な団体だから、まぁ不思議はないんだけど、
やっぱりとっても不思議。
そもそも、熱中できるタイプではないはずなのです。
だから自分でも慣れてないこの感覚が、
たまにちょっと・・・その・・・なんか・・・キモイ。
ストーカーじみてる気がして。

そのわりにあんまり上手くおしゃべりできなくて。
なんか伝えたい事や聞きたいことがありすぎて
大好きすぎて私・・・めっちゃ緊張。
第二次反抗期以来○年ぶりの人見知り。

まぁそのうち慣れるといいなぁ。
つうか慣れるって!図々しいね、我ながら。



テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

嗚呼、物心ついたときから知っていた。
銀座と言えば、洋食屋さん。
文明開化の音がする、レトロな雰囲気満点の店内。
創業以来煮込み続けたデミグラスソースを
行きつけのマダムが銀のスプーンでそっと掬ってお口に運ぶ。
上品だけど敷居が高くない、日本の洋食屋さん。
いつかは行ってみたかったの。

煉瓦亭 以前お店の前を通りかかった時、まずはその行列に驚いた。きっと昔からここにある、由緒正しき洋食屋さんなのだろう。そうそう!こういうお店に行ったみたい!・・・と思ったものの、時間がなかったのでその日は断念。
 今日は珍しく仕事の用事で有楽町に来てました。せっかくだからお昼は美味しいところで・・・とブラブラ銀座まで彷徨い出たものの、なかなか良きお店が見つかりません。そういえばこの辺にあの洋食屋さんあったなぁとなんとなく道を一本入ってみたら、ありました!お店の名前は『煉瓦亭』。
 平日で1時半過ぎだったこともあり、1~2組しか並んでいません。WOW!運命の再会?本当はただでさえ寄り道していたし、早く会社に戻らなきゃいけないんだけど、この出会いを前にしておめおめ帰ることができようか。いやできまい。

煉瓦亭 もう看板が素敵じゃありませんか。モダーンでお洒落。銀座にガス灯が並び、馬車がパッカパッカしてた時代から煉瓦亭なわけですよ。モボもモガもカンカン娘もデミグラスですよ。
 ドアが開くたびに覗く店内も「ああ、これこれ!」いい雰囲気です。笑顔で出迎えるご主人。やけに大きなボタンを押すたびに、ガッチャンガッチャンと大げさな音を立てるレジスター。オレンジ色の淡い光が漏れるシャンデリア。完璧だぁ。もう待ってる間もわくわくニヤニヤ。期待以上な銀座の洋食屋さんっぷりです。
 思っていたより沢山入れるらしく、意外と早く通してもらえました。
上と下の階にも席があったんですね。
さあ何を頼もうか・・・第一関門です。
洋食屋さんといえばやっぱりオムライス?しかもここのは"元祖"って書いてあるよ。
それともデミグラス(しつこい?)が堪能できるハヤシライス?
ちょっと豪華にエビフライ行っちゃうかー??

煉瓦亭 ハンバーグステーキ さんざん迷った挙句、きっと名物だろうとハンバーグステーキにパンをつけて注文しました。母さん・・・デミは捨て切れなかったよ・・・。
 とーってもオーソドックス。正統派。絵に描いたようなハンバーグ。恥を忍んでこっそり撮影しちゃいました。携帯だし、じっくり構えられなかったからあんまり綺麗に撮れてないけれど・・・なんとまぁ美しい。
因みにこのオレンジっぽいのは、にんじんのグラッセではなくてじゃがいもです。
助かりました。にんじん大っ嫌い。
このお皿の模様とか、パセリとか、ぐっと来ますね。
上にちょこんと乗っかってるのは目玉焼きです。
これがこの後、とんでもないドラマを巻き起こすとは!!

煉瓦亭 ハンバーグステーキ 衝撃の展開!!
ハンバーグステーキ第二章はとろーり溶け出した卵とデミグラスソースの素敵なハーモニー。肉汁も滲み出て参りましたー。携帯をおもむろに取り出し、思わず横に構えましたよ。やっぱりはずかしーっ。
 この美味しさはもう説明不要ですよね。一人だったから声には出せなかったけど、かーなり感動。とろっとろです。たまねぎは粗めに刻んであって火の通りも絶妙なので、サクッとした歯ごたえが残ってます。濃厚なソースとからんだとき、ちょうど良い甘さと爽やかさをもたらしてくれるの。

ああ・・・至福の時間。
ご馳走様でした。

実はここ、フライが有名でポークカツレツが一番人気なんですって。
えー??なんだよー。知らなかったー。
・・・ってまぁ損した気には全くならないんだけども、
そう言われちゃうとやっぱ食べてみたいなぁ。
ハヤシライスも!オムライスも!!カレーライスも!!!
食いしん坊万歳!

※画像をクリックすると拡大します。

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

今更ながら・・・初めて行ってきました!カフェコムサ

女子なのに私、"スウィーツの美味しいお店♪"なんかにめっぽううとい。
担当の美容師さんは男性なんだけど、
やっぱり職業柄か、そういう話題に詳しかったりする。
「カフェコムサって知ってる?美味しいんだってね。」
とかなんとか話題振られても
「コムサがやってるカフェでしょ?
(洋服買いに来たお客さんがついでに寄ってく程度の・・・)」
ってぐらいだった。

今回もね、買出しに疲れて足が丸太(棒の発展系とする)状態だから
駅から近くて、お茶が飲めて、とにかく座れれば!!
って感じで、適当に入ったのです。

ところがところが!!
きゃーっ。美味しそう。
お店に入った途端、目に飛び込んできたのは
ガラスケースに陳列された、色とりどりのタルトたち。
イチゴにマンゴーにブルーベリー、バナナ、マロン・・・
盛り沢山のフルーツたちがつやつや輝いてます。
わたしの瞳も一瞬で、乙女のようにキラキラリン。
どーれーにーしーよっかなー??
こういうのを贅沢な悩みと言うのかしら。すっごい種類が多いんだもん。
あちらを立てればこちらを立たず(?)で、なかなか決められず。
よっ!優柔不断!
で、結局いつもの様に直前判断で苦渋の選択したのはこのタルト。
cafe commeca
名前忘れちゃいました。
クリスマスシーズン限定・・・だったと思います。
イチゴたーっぷりのクリームチーズふんわりで美味しかったよん。
ティーコゼーに包まれた紅茶ポットも嬉しい気配り。
ずっとあったかいんだー。びっくり。
こういう小さな親切が、寒い冬にはしみるねぇ。

旬のフルーツを使った新しいタルトが毎月出てくるんだって。
・・・ってことは毎月行っても食べきれないわぁ。
ていうかあのケーキがなくなる前にまた行かなくっちゃ。

テーマ:ケーキ - ジャンル:グルメ

▲Page top

皇帝ペンギン プレミアム・エディション(特典映像満載の特典ディスク付きです!)皇帝ペンギン プ...ぺんぎん茶屋55
『今夜これから』
場所: 築地本願寺 ブディストホール
日時: 12月2日(金)19:30
URL : http://www.pencha55.com/

今年はほんっとにたくさん観劇しています。
去年ならこんな生活考えられなかったなぁ。
これもきっと、みーんな某女優のせいだー。
こんにゃろー!思い切って言ってやるぜー!
どうもありがとう。

またまた今回も、観に行ったのはお目当ての女優さんがいてこそ。
彼女の引き出しはすごいよー。
ある時はほのぼのお母さん。
ある時はりんごほっぺの田舎丸出しホステスさん。
花魁に子持ち記者に美人秘書に・・・。
ほんっと演技の幅が広くて、それだけ多くの魅力を持っているんです。
観るたび全然違う人になっちゃうから、
次はどう来るの?って毎回楽しみなの。
知らない人が書いた本で、知らない人が演出して、
そこで彼女がどう表現するか??
そりゃ俄然興味がわきますよ。

特大ダイヤモンド?1500カラット以上の美しい輝き??プレゼントしたら喜ばれる?クリスタル製イ...宝石やさんに置かれたダイヤモンドは
輝いているのが当たり前すぎて、珍しくもない。
その一粒一粒が光を放っているから、
お互いを反射しているから、
そのダイヤモンドがどれくらい美しいものなのか、
わかっていてもつい忘れてしまう。
でもね、やっぱり本物は河原の石ころに混ぜておいたって、
ちゃーんと綺麗に輝いてるんだよ。
端っこの目立たないとこに置いといたって
みんなの目を、心を、奪ってしまうんだよ。

今回はつまりそういうこと。

突っ込みたいところに突っ込まないのは、
私がオトナだからではありません。
ビビリだからです。

終わってからなんと
ご本人とお食事させていただいたりなんかしちゃって。
私以外はみんな役者さんだったりして。
うひゃあ。
"某女優のお友達特権"乱用でございます。
いつものことだけれどもね。

聞かせてもらったお話が面白かったー。
お勉強になりました。
私はなんて浅はかなんだろう。見方が変わるな、きっと。
ますます演劇にはまりそうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

11 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。