さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

佐藤氏×岩井氏のトークショーの後には、
岩井俊雄さんのサイン会がありました。
よっ!太っ腹!

講演が始まる前はあまり興味がわかなかったんです。
「知らない人だしなぁ」って。
でも客席の照明が明るくなった途端、急いで荷物を抱え、
整列券を貰わなきゃと早歩きしてました。
ミーハー心を包み隠す余裕も無し。

『いわいさんちへようこそ!』 にも相当惹かれたのですが、
『岩井俊雄の仕事と周辺』 を購入して、サイン会の列に並びました。

岩井俊雄の仕事と周辺こちらのほうが今までのお仕事振り、少年時代のノートなど、
岩井さんのことが詳しくわかりそうな気がしたのです。
パラパラめくって見ただけでも、
今回のお話にも出てきたことがいくつか載っているようです。
しかも端っこがパラパラ漫画になっていました。
岩井さんの遊び好き(いい意味で)は昔からなのですね。

発行が古かったので、その場に残っていたのもわずか一冊。
今回を逃すと次にいつ買えるかわかりません。
これも後押ししました。

一歩一歩近づいてようやく岩井さんが見える位置にやってきて、
待ちきれずに前の人の書いてもらっているサインを覗くと・・・
お!あのリペット君にもなっていたかわいいペンギンさんの絵が!!

わくわくしつつ本を渡すと、
本の大きさに比例してか、今まで見たより大きな弧を描いています。
きゃー。大きなペンギンさん??ありがとうございます。
・・・じゃないよね??これ。

佐藤雅彦×岩井俊雄

大きく描かれたピアノの絵。
キャンパスを活かしてのびのび描き切りましたか。そうですか。
でもまあ、これも素敵だよね、うん。
なんてなことを思っていたのですが、
家に帰ってからじっくり読んでみて気がつきました。
本の内容にあわせてサインしてくださっていたのです。

佐藤雅彦×岩井俊雄 佐藤雅彦×岩井俊雄

やっぱり岩井さんって!岩井さんって!

4月にはLAPNET SHIPで展覧会があります。
紹介しきれなかった実物を見ることが出来るそうです。
その時はまたここでご紹介いたしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

▲Page top

いわいさんちへようこそ!
第31回新宿セミナー
岩井俊雄=著 「いわいさんちへようこそ!」刊行記念
佐藤雅彦×岩井俊雄 『表現することの原点、そして未来』

場所: 新宿・紀伊國屋ホール
日時: 2006年2月21日(火) 19:00
URL : http://www.kinokuniya.co.jp/02f/d05/iwaisan.htm

新宿での用事、それは佐藤雅彦さんのトークショー。
紀伊国屋の中にホールがあるなんて知りませんでした。
そういえば寄席をやっていると聞いたことがあります。
ここだったんですねー。

普段トークショーなんて行ったことのない私。
たまたまネットで見つけて、すぐに申込みました。
その勢いたるや、
自称・石橋を叩くトンカチ選びで力尽きる女を返上せんばかり。
やっと・・・やっと会える!生・佐藤雅彦!
去年、gggや六本木ヒルズの講演に行けなかったことを
相当悔やんでいた分、嬉しさも倍増しております。

トークのお相手・・・というかメインは岩井俊雄さん
そもそも彼の「いわいさんちへようこそ!」出版記念企画なのでした。
申し込んだときはつゆ知らず。ていうかごめんなさい・・・岩井さんて誰?

【DS】エレクトロ プランクトン  ヴァイナルコレクティブルドール シュールくん キューブリックウゴウゴルーガ/テレビくん


顕微鏡はカワイイ!な岩井さん。
エレクトロプランクトンを開発した岩井さん。
ジブリ美術館にも関わっちゃってる岩井さん。
そしてなんと、あのウゴウゴルーガを手掛けていた岩井さん。

後々調べてみたところ、なんだか素敵な感性をお持ちの方のようです。
佐藤さんとの化学反応を期待せずには居られなくなりました。

頭のいい人、発想がユニークな人の話を聞くのは大好きです。
まさに目から鱗がボロボロボロっと落ちてくる感覚が気持ち良くって。
曇りが取れて、身が軽くなった気分になります。
視界良好。面舵一杯。出発進行。

で・・・もうね、すっごく面白かったですよ。
途中から忘れちゃいけないと思って一生懸命メモしまくってました。
しかも紙が無かったからと携帯に打ち込み続けたものだから
翌日まで親指が痛くて仕方ありませんでした。
でも、とてもここにまとめ切れやしません・・・。
かーなりの抜粋でお届けいたします。

mmブラッド(割りピン)サークルブラッド

岩井さんが娘のロカちゃんと一緒に作っているというおもちゃがとにかくかわいい。
こんなお家に生まれた子供は幸せだなーと誰しも思うことでしょう。
すぐに誰でも真似できそうだったのがリペット君。
厚紙を用意してパーツごとに絵を書いて切りぬき、
パーツをリペット(割りピン。↑の図参照)でつないでいきます。
そうすると手や足の動く動物や、蓋が開くリュックなど、動きのつけられるおもちゃが出来て、
そこから物語が生まれていくのです。
足りない小物や登場人物があればまた絵を描いて切り抜いて・・・といつでも増やしていけます。
子供の欲求はスピードが命。
飽きてしまうのも早いから、思いついたときにすぐに作れる、
というのはものすごく興味を引くというお話でした。
なるほどねー。
紀伊国屋のページで実物をご覧くださいませ。

四国はどこまで入れ換え可能か イメージの読み書き プチ哲学 クリック

そして佐藤雅彦さんの「表現することの原点」についてのお話。
スライドにでーんと映し出された文字は
「今までの表現活動は、個人的には教育として作ってきた。」
情報を流すと受け手が何かを知ってしまう。これ即ち教育だと。
CMにしても商品のことをいかに知らしめるか、いかに教育するかを考えてきたと。
表現したことは無い、全ては教育であり、要素還元できる、とする佐藤さんに対し、
岩井さんは明確だと言いつつ明確ではないエンターテイメント性に
嫉妬していることを認めつつ、意地悪なくらいに質問攻めしていました。
聞いて欲しい以上のことを聞いてくれて、楽しかったですねー。

そして「表現することの未来」について示された言葉は・・・
「study」
ラテン語で"熱中"を意味する"studious"を取り戻したいとおっしゃってました。
いま佐藤さんはクリティカルピリオドプロジェクトというのに取り組んでいるそうです。
幼児のうちにやらなきゃいけないことが沢山あって、
それは何かに熱中しちゃうあの感じを味わってもらうこと、
この世はあなたをウェルカムなんですよ、ということを教えること、など。
プロジェクトが実現するのは15年以上先になるけれど、
そのとき、表現が教育だ、と言ったその意味がわかる、とのことです。

お2人とも共通しておっしゃっていたのは、
創造力を必要とさせる表現をしたい、ということです。
よく出来すぎているとそれだけで満足してしまい、創作意欲がそがれ、
見て楽しんで終わってしまう。
これを良しとする自分に満足して終わり。
完璧というより過剰に詰め込むことに疑問を感じる、発奮しないのは良くない、と。
自分も創造したいとムクムクしてくるような感覚を与えたいそうです。

バーチャルに体験した気にさせるのではなく、これからは身体を使うことに戻っていきたい。
それには子供のうちから創造の現場に立ち合わせるというのは
ものすごく大事だ。
CGを極めたお二人だからこそ、コメントに重みがあります。
ここら辺は、野田凪さんがCGではなく敢えて実写でやっている活動に通じるものを感じました。

私も来ましたよー。
奥底から、真夏の入道雲のようにムクムクムクっと。

しょーもない話ですが、佐藤さんの喋り方と声が誰かにそっくりで、
講演中、ずっと必死で考えていたんです。
やっと思い出したのは大槻ケンヂでした。我ながらびっくり発見。
どなたかわかってくれる方、募集中です。

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

新宿で用事があり、急いで会社帰りに駆けつけたものの、ちょっとハラヘリ。
何か簡単にパクッといけるものが食べたいな。
フラフラ歩いていて、ぱっと目に入ったのが『爽好果(シャンライカ)』です。
このお店の前は何度か通ったことがあります。
この作りがすごく好きで、いつか入ってみたいと思っておりました。
イートインのスペースもあります。なんてぴったりなんでしょう。
爽好果 Shan Lai Ka
肉まん(饅頭-マントウ-)おいしそー。と思って近づいたのですが、
どうしても看板メニューらしき露(ルー Lu)が気になります。
他では見たことないし、コレは食さねばなるまいて。
一番味の想像がつかないサトイモルーに蓮の実をトッピングしてもらいました。
お好みで上からシナモンもふってもらえます。

あまくてとろ~っとして美味しい。
立ちのぼる湯気はふわっとバニラの香りです。
体の奥からじわーっとあったまってゆきます。
ただ、ずっと食べてるとどうしても甘ったるくなってきます。
そんな時はメンパオと呼ばれるスティック状のパイにルーをつけてかじったり、
トッピングを頬張ったりして変化をつけましょう。
それでもやっぱり途中で飽きちゃうんですけどねー。

爽好果 Shan Lai Ka爽好果 Shan Lai Ka爽好果 Shan Lai Ka

ルーは他にもサツマイモとクロミツジャスミンがあります。
選べるトッピングは緑豆、小豆、虎豆、海藻ゼリー、
そして数量限定の高級食材ハスマ(追加300円)から好きなものを載せてください。
医食同源がコンセプトなのでどれも身体に良いそうです。
ところでハスマってご存知ですか??
なんと蛙の皮下脂肪なんですって。
ひーっ!ど・・・どこの??でもなんか確実にプルプルお肌になれそうな。

ココナッツやマンゴーのジュースもあって、
ゼリーとトッピングをセットしてくれます。
暖かくなったらこちらに挑戦してみたいなー。
でも組み合わせがかなり悩ましい。
ジュース・4×ゼリー・4×トッピング・11=176通りもあるんですもの!

イートインスペースに入って気づいたけれど、このお店はバスの形になっていたのですね。
しかもよく見ると二階建て。
ロンドンの中華街(があるか知らないけれど)を走るバスみたーい。
かわいーい。一人でウキウキはしゃいじゃいました。


※画像はクリックで拡大します。


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

▲Page top

最近とっても気になる女性。小林聡美さん。
元から好きなんですよ、あの程よく力の抜けた雰囲気が。
そして『神はサイコロを振らない』にハマってから一気に人気急上昇。
彼女の本も絶賛読み漁り中です。

ですから当然チェックしていた『かもめ食堂』
小林聡美演じるサチエがヘルシンキで始めた日本食のレストラン。
そこに集まる人々のちょっぴり切なく微笑ましい物語です。
片桐はいりにもたいまさこ、舞台がフィンランドだなんて、
くすぐられないわけないじゃないですか、このわずかながらの乙女心。
で、試写会に応募したら、みごと当選!
どしゃぶりの銀座へウキウキ出掛けてゆきました。

かもめ食堂

これからこの映画を観に行く方へ。
当たり前のようにおいしそーな料理が次から次へと出てきます。
あまりにお腹を空かせていくと相当な拷問になりかねませんのでご注意ください。
試写会会場のお隣さんがちょうどお米ギャラリーだったので、
我らは明太子と鮭のおにぎりを携えてゆきました。
コレが大当たり。
使っているお米が美味しくて、映画の気分を一気に盛り上げてくれます。

かもめ食堂原作は群ようこさんの書下ろしです。
ほとんど本を読まずに育ったので恥ずかしながら存じ上げず、
さらに明かせば"ぐんようこ"だと信じて疑っていなかったくらいなのです。
「無印が泣くわ。」と呆れた友人の一言も意味がわからず。
無知が許されない年齢になってまいりました。
案じるより団子汁で、帰り道に小林さんの著作を読んでいてびっくり。
この『案じるより団子汁』は当時小林さんがやっていたラジオ番組を
本に起こしたものなのですが、ゲストとして群ようこさんが
ご出演されていたときのことが載っていたのです。
お二人は友人で、周りの人からも良く似ていると言われるんですって。
俄然、群さんの本も読みたくなりました。


ではでは、以下かるーいネタばれを含みます。


続きを読む

テーマ:かもめ食堂 - ジャンル:映画

▲Page top

とっぷりすっかり日が暮れました。
最後にやってきたのは大正六年創業の画材やさん、月光荘
イラスト描きな友達のリクエストです。

月光荘

この小さくて古いけれど…いや、小さくて古いからこそ趣のあるたたずまい。
数々のアーティストに今も愛される、知る人ぞ知るが画材さんなのだそうです。
何も知らない素人でも入る前からドキドキしちゃいます。

絵の具がずらっと並んでいる棚。
ラッパのマークがついたキャンバス地のかばん。
色とりどり大きさそれぞれのスケッチブック。
シンプルでユーモアのある手作りのポストカード。
ニョキニョキっと列になって生えている絵筆。

小さなところに大好きなものばっかりぎゅっと集めてあって、宝箱みたいです。
所狭しと並べられたその一つ一つを確かめたくなります。
連れはもう買い物が済んだというのに
もうちょっと待ってとあれこれ眺めるのに夢中になっていました。
結局スケッチブックとポストカードをお買い上げー。
ちゃんとブックにスケッチして、カードをポストしなきゃ。
また覗きに来たいな。

月光荘

見て見てー。
なんと看板が唐草模様なのでした。
やはり銀座には唐草模様が良く似合います。

それにしてもこのカメラ、暗いところに強いと謳ってるだけあって
きれいに撮れているなぁ。
よしよし、その調子で頑張っておくれよ。


これにて銀座展示巡りレポートはALL UP!!
ご清聴ありがとうございました。

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

▲Page top

やっと3軒目に辿り着きました。
HOUSE OF SHISEIDOです。
暗くなっていたから、ちょうどライトアップされている時間でとてもきれいでした。
ピンクの花びらをまとった渦が、中へといざなう春の風のようです。

HOUSE OF SHISEIDO


ただいま開催中なのはトード・ボーンチェの展示
看板の唐草模様からしてもう素敵。
建物の内装もきっとアールデコ調なんだろうと期待が高まります。

HOUSE OF SHISEIDO


唐草模様や草花の連続パターンは曲線が美しくて
私の大好きなモチーフです。
恥ずかしながらトード・ボーンチェの名前は今回初めて知ったのですが、
雑貨屋さんを通るたびにいつか買おうと眺めていた繊細できれいなランプシェードが
まさしく彼の作品でした。

ロマンチックなカーテンuntil dawn curtain レッド/ホワイト GARLAND ゴールド(デザイナー照明)【送料無料】 植物が成長しているようなカード Fairy Tail パープル

1階はわりと大きめな彼のアート作品が飾られていました。
2006年と書いてあるのはこの展示のために作られた作品なのでしょうか。
さくらんぼの種からクリスタルまで素材が豊富で楽しいんです。
作品の色鮮やかさを際立たせるような光と影の演出も印象的でした。

THINKING OF YOU Here Puddles バード

看板と同じ模様の手すりがついた階段を上ると、
2階は主に商品化された作品が展示されています。
こうなるとより一層「アレが欲しいコレがかわいい」と妄想は広がるばかり。
生活の中にアートがあるって本当に素敵なこと。
それだけでゆとりが生まれてくる気がします。

Table stories1 プレート21cm レッド Table stories2 プレート27.5cm レッド Table stories1 ディーププレート21cm レッド
Tord Boontje/トードボーンチェTABLE STORIES PLATE 33cm[Story-1] Tord Boontje/トードボーンチェTABLE STORIES BOWL 28cm[Spider] Tord Boontje/トードボーンチェTABLE STORIES TEA C&S[Deers Flowers]

実は今回の展示、資生堂でデザインを手がけている社員の方たちの作品も
一緒に公開されていました。
これって凄いことじゃないですか??
商品やポスターなど、自社製品にかかわるデザインをするために雇った人たちに
こうして発表の場を与えていく企業姿勢はとても好感が持てます。
資生堂のデザインの源とされる「唐草」をテーマに
それぞれ個性的な作品を発表されていました。
昔の資生堂で使われた唐草のデザインも展示されていたので
新旧デザイナー対決の趣もあり、とても楽しかったです。

Tord Boontje/トードボーンチェTABLE STORIES TEA LIGHT 6PCS SET

美しさや文化を本当に大事にしているお化粧品の会社。
美しいものを近くに置いてこそ、女性は真に美しくなれると思いませんか?
昔のポスターや商品がデザインされたポストカードも素敵だったので、
二人とも当たり前のように、何枚も買ってしまいました。
今度はもっと時間をとって、ライブラリーペースも除いてみたいです。
次回展示のテーマは「都市に生きるアールデコ」だとか。
嗚呼早く観たい!!


<追記>
ここで使われている商品の写真は
すべて楽天市場で売られているものです。
沢山あってびっくり。私もどれか買おうかなぁ。
▲Page top

まだまだ続きます、銀座ツアーレポート。
真剣に観ながら歩き回ったので喉が渇いてきました。
銀座ですもの。カフェーの一軒や二件どこにでも…
って甘かったー。忘れてました。私たち、この街ではstranger。

すっかり日は落ちて気温も下がり、北風吹きすさぶ大都会の真ん中で、
マッチ売りの少女のごとく温かい飲み物を求めて彷徨い歩きます。
大通りに出てやっと見つけたそれらしき看板。
どでかく「おにぎりかふぇ。」と書かれた微妙な看板。
良いよね?もうここで良いよね?とそのままお店に入りました。

中は綺麗で広くてとりあえず一安心。飲み物も沢山種類が揃っています。
おにぎりカフェOnyの「豆乳抹茶ラテ」で身体を暖めました。
甘くないのって珍しいですよね?
豆乳と抹茶の風味が当たり前に美味しいです。

花よりだんご!春のいろどり3色あざやか♪お花見だんご(三色だんご)・6個[0225アップ祭5]毎日飲むとやみつきになっちゃうよ~♪まろや~かなクセの無い味わい [本場西尾産の抹茶使用] ...道楽揚げ『もちかりん(京風)』化粧箱入【ランクイン】【0225アップ祭10】


「手作りおかき」と「茶屋の三色団子」でそれぞれ英気を養ったわれら。
本を広げてあれやこれや…。
今までやって来たこと、これからやって行きたいこと、
時間を忘れて喋り続けました。
最近感じているのは吸収してばっかりじゃダメ、
思ってるだけじゃダメってこと。
それを行動に変える力、一歩踏み出す力が必要なのですね。

夢中になり過ぎて結局またエネルギー消費しちゃったかも。
そしてまたもや長居。
さあそろそろお次へ参りましょう。

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

▲Page top

銀座ギャラリー巡り その2 は
「テュルゴの地図 18世紀パリの覗き眼鏡」
gggの隣のMMFにITK・・・いや、行ってきました。
MMFはMAISON des MUSEES de FRANCEの略。
『メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス』と読むそうです。

実はこれが今回のツアーを敢行するきっかけとなった展示。
某サイトでこの情報を発見し、
ちょうど今パリに興味が向いている絵描きの友達を誘ってみました。
今年はとにかく「ちょっとでも興味持ったら即行動」がテーマなのです。

可愛いビルでしょう??
開館3周年記念で、リボンが掛けられていました。

MAISON des MUSEES de FRANCE
▲Page top

本日は『銀座ギャラリー巡り』の日。
なぁんて素敵な響きなんでしょう。
大人でアートな銀ブラです。

調べるまで知らなかったけれど、
こんな東京のど真ん中でたくさん展覧会やってるのね。
しかもタダのところが多い。
ここもあそこもってチェックしたのは良いけれど回りきれるかしら??

じゃあまず軽めにここから。
野田凪さんの展覧会。
あのハンパンダが当たった若い女の子のとこね。
ギンザ・グラフィック・ギャラリーがなんだかおどろおどろしい雰囲気です。
ちょっとナイトメアな感じ。
野田凪展

ガラス張りだから早速ちらりと見えるHANPANDA。
中へ入ると、会場には私たち以外誰もいません。
でかっ。そして意外と…かっわいーい。
ずらり並ぶと圧巻です。一つ一つのフォルムが愛らしくって。
こういうものをお金かけて本気で作るって素敵だなぁ。

野田凪展

うんうん、満足。小さい会場だけど面白かったね。
次に行こうか…と思ったら地下へ続く階段を発見。

そう、この展覧会はここからだったんです!!

▲Page top

野田凪展のその前に、
今日は一日歩き回るからとまずは腹ごしらえ致しました。

銀座でランチなんていかにもOLの休日。
でも私たち女子2名、いかんせんお店を知らない。
女子歴○○年。今まで何をしていたのでしょうか…。

お得意のネット検索で見つけました。
なんとなく重たいもの食べるって気にならなくて
薬膳が戴ける中華料理のお店にしました。

銀座の中央通りを一本入ったところにある『中国膳房 黎花』です。
中国膳房 黎花

ちょっと暗めに写っちゃってますが、
本当はもっと明るくて綺麗なお出迎えです。
店内も落ち着いた雰囲気。
テーブル一つ一つにお花が活けてあるのも
もてなしの心が感じられて嬉しくなります。

続きを読む

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

阿佐ヶ谷スパイダース時代劇 『桜飛沫』
 第一幕 『蟒蛇如(うわばみのごとく)』
 第二幕 『桜飛沫(さくらしぶき)』

場所:世田谷パブリックシアター
日時:2006年2月4日(土)14:00
URL :
http://asagayaspiders.net/
出演:山本 亨, 橋本じゅん, 水野美紀, 峯村リエ, 山内圭哉,
    猫背 椿, 市川しんぺー, 中山祐一朗, 伊達 暁, 長塚圭史


阿佐ヶ谷スパイダース 『桜飛沫』

急に演劇を観漁り始めた者と致しましては、
やはり気になっていたわけです、阿佐ヶ谷スパイダース。

長塚京三の息子が早稲田にいた頃からやっていて、
世間で話題になっている劇団。

それしか知らないのにわざわざオークションにまで手を染めて
チケットゲットしちゃいました。
しかも前から3列目の席です。
毎度のことで恥ずかしながら、
またもや前提知識ゼロで果敢に挑んで参りました。

↓ネタばれご注意。


▲Page top

「2月のネイルは白で行く。」
これはもうずいぶん前から決めていたことです。
真冬には真冬らしく雪をイメージしたネイルにしたいなって思ってて。
ホワイトのグラデーションがベースです。
爪の先端8㎜下ぐらいから淡い水色のラメのグラデーションをかけ、
境目にホログラムをジグザグに並べています。

ダイヤモンドダスト

今回はまたストーン無しに戻ってフラットなネイル。
やっぱ軽いし圧迫感がないね。
その代わりダイヤモンドダストの輝きをふんだんに散りばめてみました。
仕事してても、ホログラムがキラキラ、ラメがキラキラ。
とってもきれいです。
こういうとき、ネイルやってて良かったって思うよねー。
あー、写真だと実物の良さがいまいち伝わらないわぁ。残念。

それにしても…手黒っ!
こういう淡くてきれいな色のネイルをすると
私みたいな肌の色はどうしてもくすんで見えてしまいます。
写真だと尚更そう写りがち。
こうなるとは、わかっていたの…。
覚悟の上のホワイトグラデーションだから、気にしなーい。

ネイルだけ単独できれいでも、似合ってなきゃもったいない。
どうしても似合わない色を使いたい場合は面積を減らしてみるとか、
いろいろ工夫するのも大切です。
自分の似合う色をちゃんと知って上手に色を選んで、
ますます上行く指先美人を目指しませう!

…って言ってる私が真っ先に出来てないけれども。

▲Page top

またまたその後のレポートで失礼します。
ご参考までに、施術直後はこんな感じでした。

横から見ると・・・。 以前でかストーンをつけたときは、爪の真ん中辺りだったからか、生活の中で邪魔に感じることはほとんどありませんでした。
 だけど今回は一番良く使う人差し指の、一番邪魔になる一番ギリギリ先端に鎮座しています。もうこれは、仕事をする人の指先ではありません。
 で、改めて横から見てみると…
すんごいことになってますね、コレ。
「水滴みたいできれーい。」
当人はそんなこと言ってる余裕はありません。

その瞬間は、意外と早く訪れました。

ものっすごく挟まってたんです。
厚さにして5ミリくらいのプラスチックで出来た板。
かたくて取れなくて、それを親指と人差し指でつまみ、
時に滑らせながらも一生懸命引っ張っていました。
そして突然、つるーん。
支点!力点!作用点!
理科の教科書通り、見事にてこの原理が働いて、
爪を半分ひっぺがすという、見事な作用を生み出したのです。

あれ?フレンチだからここは色塗ってなってないはずなのに。
なぜか爪全体が真っ赤に染まっているよ。

寿命3日…。

爪が半分くっついててぶらぶらな状態だったので、
またどっかに引っ掛けたら
そのまま爪全体を連れ去っていってしまいそうだったので、
とりあえず包帯やらガーゼやらを巻いて保護してました。
せっかく爪きれいにしてるのに、
注目を集めるのは痛々しい人差し指。
悲しすぎるー。

傷が治ったらいつの間にかベロンと取れて、
意外と中身は無事でした。
良かったね。また爪が伸ばせます。

アンティーク シャンデリア その後
出来の良いネイルチップみたいだわー。
もしくは無駄にゴージャスな蝉の抜け殻??
どっちにしろなんか妙にきれいだったので
とりあえず写真に撮ってみました。

ちょうど色の合うマニキュア(安物)が残っていたので、
アートとも言えない様な似たようなV字を書いてごまかしました。
パッと見わからないっしょ??ねっ?ねっ?
雑です、そこら辺。れっきとしたA型ですが。

次回はもうちょっとフラットな感じで行こうと思います。




▲Page top

ホチキス第18回公演
『鯉』
場所:中野ザ・ポケット
日時:2006年2月4日(土)14:00
URL :http://www.hotchkiss.jp/

鯉
今回のホチキスは初めてのラブストーリー。
最近のホチキスは気合が入っていて、
いろんなことに挑戦していて、
プロの集団として本格的に動き始めようという強い意欲を感じます。
大きな地震が来る前のゴゴゴゴ…っていう、
来るぞ来るぞ、というあの大きなエネルギーが迫ってくるあの感じ。
これからの進化を予感させるものがあります。
▲Page top

中野へ行く用事があったので、せっかくだから美味しいランチを食べようと、
ネットで調べて出かけました。
選んだのはらんぐさむという南欧田舎料理のお店。

ちょっとわかりにくい場所にあるんですよ。
行くべき道を曲がり損ねて一回通り過ぎちゃったもの。
飲み屋さんが立ち並ぶ細い小道をくねくね…
プリントアウトした地図を右へ左へ回転させつつ
やっとこさ着きました。
まぁちゃんと地図持ってるのに迷うのは私たちぐらいでしょうけれど。
らんぐさむ
手ぶれ補正つきカメラのくせにぶれているのはご愛嬌。
ナチュラルモードなんて凝ったことしたのが仇となり…。

開店直後に到着したこともあって、私たちは2組めのお客様。
来たことないお店に友達を連れてくるのは緊張するものだけど、
まずは素敵な雰囲気のお店でほっとしました。
男女カップルよりむしろ女性同士のランチの方が
内装とかムードは大切ですよね。
例えお話に夢中になって他が見えなくなるのが
時間の問題だとしても。

サーモンやビーフシチューもあって悩みに悩んだけれど、
けっきょく今回は仔羊のマスタードソースを頼みました。
なんてきれいなピンク色かしらー。
らんぐさむ
※画像クリックで拡大します。

インドカレー屋に行ったらマトンカレー。
スペイン料理に行ったらラムスペアリブ。
ニットはウール100%…??
とにかく羊が大好きなんです。
前の日も会社で熱いジンギスカントークを繰り広げていたんだもの。
オーダーせずにはいられませぬ。

タイ産 ヤングコーンお肉は見た目どおりの程よき火加減。程よきやわらかさ。
マスタードが臭みを消してくれてるのかしら。
さっぱりめで美味しい。

個人的には付け合せのヤングコーンとブロッコリーに
もうちょっと火を通してほしかったな。
野菜は硬めにボイルしてある方が好きなんだけど、
さすがにゴリッゴリ音がしちゃうのは苦手です。

【送料無料】14品を詰め合わせ!!お得な福袋2006円!!週間ランキング第一位を記念して追加を...あとは、もうちょっと値段が上がっても良いから、
パンも美味しいのが出てほしいところ。
小さめのフランスパンを薄くスライスしたものが二枚ってのは寂しいかなぁ。
ごめんなさい、贅沢ですね。
無類のパン好きなもので、
コース料理のパンに必要以上の期待を寄せてしまうのです。

【送料無料】シリーズ累計2万4千セット突破!【第21弾】販売実績が物語るっ!味わいに妥協なし...これにワイン(ビール・ジュースも選べます。)とサラダ、パンがついて、
食後にはコーヒーor紅茶にアイスまで出してくれて、
1,000円だなんて驚いちゃいます。
もちろんメイン以外はごくごく簡単なものなんだけど、
女性だったら十分お腹いっぱいになります。

ご近所にあったら通っちゃうよねーなんて話していたら、
常連と思われる人たちがどんどんやって来て
席はみるみる内に埋まっていきました。
やっぱり人気店なのね。

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。