さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

ランチ出来る場所を求めて、
炎天下の横浜中華街を行くあてもなく彷徨い歩きました。
どこに入っても美味しい中華が食べられそうなだけに、
決め手がないのです。
結局、広いからすぐ入れそうなお店で刀削麺を食べることにしました。

ここは地元っ子の友人が候補としてあげてくれていたお店。
サッパリしたものが食べたいなんて言っていたものの、空腹と熱波に勝てず、
「クーラー聞いてるから大丈夫でしょ」と入ってみることにしたのです。
お店の名前は『四川料理 京華楼』

厨房には大きな窓があり、
外から刀削麺を作る様子が覗けるようになっていました。
職人さんは左手に小麦粉を練って塊にしたもの持ち、
右手に持った刃物を使って細く削りながら、
ぐらぐら煮立った鍋の湯に、パラパラと落としてゆきます。
動きが素早くて、一緒に指も入っちゃわないか心配になるくらい。
インド料理屋さんのナン焼きとか、お蕎麦屋さんの手打ちとか、
こういうパフォーマンスは他の国の料理でもよくありますよね。
思わず誘われて・・・という効果は絶大です。

店内のクーラーは期待以上の働きを見せ、
待っている間にすっかり暖かいものを欲する身体になりました。
刀趙麺+一品を頼んでシェアしよう、と決め、
友人お勧めの「牛バラ肉刀削麺」とお店の名前を冠した「京華招牌飯」をオーダー。


● 牛バラ肉刀削麺
『四川料理 京華楼』 牛バラ肉刀削麺

『四川料理 京華楼』 牛バラ肉刀削麺

都内でも刀削麺のお店はよく見かけるものの、食べるのは初めて。
削っているのに麺の表面はツルツルしています。
削り始め(?)の太くなっている部分は、
もっちりシコシコとした歯ごたえ。
先の方はレースのように薄くなっているので柔らかく、
舌の上でピラピラする感触。
普通の麺と違って形が不揃いなので、食感が噛むたび変わる食感が楽しめます。
太いところは小麦粉の味がしっかりとして、
細いところはピリ辛こってりスープが良く絡み、バランスが絶妙です。


● 京華招牌飯
『四川料理 京華楼』 京華招牌飯

『四川料理 京華楼』 京華招牌飯

豚肉、鶏肉、鴨肉のオールスター揃い踏み。
味の良く染みた茹で卵を載せて、とろーりあんをかけました。
これでご飯に合わないはずがないでしょう。間違いない味!!
写真以上に語れる自信がありません。
豚肉はこってり、鶏肉はあっさり、鴨肉は薫り高く、
濃い味付けのあんに絡まってもちゃんと個性を主張してくれます。


しっかしこれだけ食べればさすがにお腹いっぱい。
頑張っても女子二名では食べ切れません。
中華街で食べ歩きー♪なんて目論見は、もろくも崩れ去るのでした。
 
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。