さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

豆料理教室~南インド料理編 【1】の続きです。


● ニガウリのクートゥ(豆とココナッツの煮物)
  使用豆:ムングダル

豆料理教室~南インド料理編
ニガウリのみどりとお豆の黄色が鮮やかに。

豆料理教室~南インド料理編
ニガウリの苦味をココナッツの風味と豆が程よく和らげます。


● サンバー(野菜のスパイス・豆汁煮)
  使用豆:トゥールダル、チャナダル、ウーラッドダル、フェヌグリーク、タマリンド

豆料理教室~南インド料理編
初めて見ました!白ナス。南インド原産の・・・ではなくて、れっきとした日本の野菜なのだとか。

豆料理教室~南インド料理編
他にも白瓜、ホムデンといった野菜たちをスパイスとともに煮込んでいきます。

豆料理教室~南インド料理編
茄子のカレーって好きなんですけど、これはもっと複雑なお味でおいしーい。
サッパリしているのに奥が深い。
足し算足し算じゃなくて、掘り下げている感じでしょうか。


● パパダム(豆で出来たインドせんべい)
  使用豆:ウーラッドダル

豆料理教室~南インド料理編
買ってきます。揚げます。以上。
簡単でおいしいんだからこんなに良いことは無いですね。
パッケージも味わい深く。


・・・で完成!!
並べると壮観ですね。
豆料理教室~南インド料理編

他にもこんなメニューがありました。
● インギプリ (しょうがのピクルス)
  使用豆:フェヌグリーク、タマリンド
しょうがのピリリ感がご飯やビールに合いそう。
炒めるだけで出来ちゃうから、我が家の常備菜にしたいです。

● グリーンチャットニー(青唐辛子のソース)
  使用豆:ウーラッドダル

● オクラのパチャディ(ヨーグルト和え)
  使用豆:ベスン粉=チャナダルの粉
ヨーグルトの酸味とねばねばが結構インパクトあります。
が、徐々に癖になり、自然と手が伸びてしまうから不思議。

● ラッサム (胡椒のスープ)
  使用豆:ウーラッドダル、チャナダル、タマリンド
日本で言うお味噌汁のようなもの。南インドの食卓には欠かせません・・・多分。

● ココナッツライス(ココナッツ入りご飯)
  使用豆:ウーラッドダル、チャナダル
ご飯までもがココナッツの香りだなんて。
パラパラっとしたお米はやっぱりインド料理に良く合います。


豆料理教室~南インド料理編

これらをぜーんぶ混ぜ混ぜしていただいちゃいましょう。
何たる贅沢。

スポンサーサイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top

フェヌグリークについて

フェヌグリークフェヌグリーク生物の分類|分類界:植物界 Plantae門:被子植物門 Magnoliophyta 綱:双子葉植物綱 Magnoliopsida目:マメ目 Fabales科 (生物学)|科:マメ科 Fabaceae属 (生物学)|属:フェヌグリーク属 ''Trigonella''種 ( スパイス&ハーブの研究【2007/03/13 02:52】
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。