さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

こどもの城+ネルケプランニング プロデュース 
『南国プールの熱い砂』
場所: 青山円形劇場
日時: 2006年8月4日(金)
URL : http://www.nelke.co.jp/stage/pool.html
作・演出: 桑原裕子 
出演: 渋谷琴乃 小橋めぐみ 伊達暁(阿佐ヶ谷スパイダース)
     笹峯あい 小手伸也(innerchild) 宮下今日子(サードステージ)
     平沼紀久(劇団方南ぐみ) 原扶貴子(KAKUTA)
     成清正紀(KAKUTA) 川久保拓司 横山真二(KAKUTA)
     吉田晋一(カムカムミニキーナ) 桑原裕子(KAKUTA)

南国プールの熱い砂


気になりつつもなんとなーくチケット購入を見送っていた公演。
でも実際始まると急に観たくなっちゃいませんか??
『南国プールの熱い砂』もその一つです。
平日の仕事帰りに青山劇場へ直行し、当日券をゲットしてきました。
思いつきでふらっと一人、舞台を観に行くなんてなんだか素敵。
大したことでもないのに自分に酔い、無駄にウキウキしてしまいます。

KAKUTAで以前上演した作品で、もちろん脚本は桑原さんが書いています。
今回は桑原さんが演出を手掛けるようだし、
KAKUTAのメンバーも何人か出るようなので・・・と重い腰を上げました。

男は女にロマンを求め、女は男にロマンを求めるものなのでしょうか??
男性が書いた脚本に出てくる女性はジャンプのヒロインみたいだし、
女性の書く男性は別マの主人公が片思いを寄せる男子みたいだし、
「そんな奴おらんやろう」がどうしても気になるときがあります。

現実に辟易すると、人は妄想に逃げ込むものなのでしょうか??
あまりに俺ワールド全開だと他人はついて行けません。

桑原さんの作品は過去2回(1,2)観ただけですが、
女性にしては男っぽい(と言って良いのか分からないけど)本を書く印象がありました。
で、色々あるけど…解決しないけど…明日があるさ、的な
とっても現実感漂う部分と創作ならではの面白みを孕んだ展開。
その辺のバランスが私にはちょうど良いのです。
少年漫画愛読女子向け…と申しますか。


南国プールの熱い砂


で、今回。
波の音にラジオから流れる軽妙なDJの声…
円形の会場全体が南国リゾートの浮かれ気分に包まれていました。
下のフロアがプールになっているので、
独特な塩素の匂いがさらに気分を掻き立てます。
どんな楽しいお芝居が始まるんだろう…とワクワクしちゃいました。

もうそういった諸々のお膳立てがあって、何枚も色眼鏡をかけた上で観たんです。
……見事に裏切られました。
こういう種類の鈍い痛みを感じさせる物語も書いちゃう人なんですね。
サバサバとスパッと軽快に語っていくのが得意なのかと思っていたのですが、
その辺を活かしてどーんと沈めるのもうまかったです。
もう何を書いてるか良くわからないけれど、
とにかく言いたいことは…また観にゆくぜ!KAKUTA!!
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。