さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

どーしてもどーして若冲が見たくて、
そのくせ会期終了間近で、
そんなこんなを一身上の都合ってことにして、
本日は誠に勝手ながら、会社を早退させていただきました。
そして向かうは東京国立博物館
目的は若冲!!『プライスコレクション 若冲と江戸絵画展』です。

ザ プライスコレクション  若冲画譜  動植綵絵第2版

若冲といえば色彩豊かで細密な動物画。
実際そういう作品もすばらしかったのですが、意外にも心惹かれたのは水墨画でした。
墨の濃淡やぼかし、かすれのリズムが見れば見るほど面白い。
離れて見て唸り、遠くから見て唸り、横から正面から・・・
飽きることがありません。

特にお気に入りだったのは『鶴図屏風』。(ここで見られます)
鱗状の模様になるよう、境目を白く残しながら灰色に塗られた羽と、
尾部分の漆黒と、白く残された部分と・・・バランスも見事です。

全体を眺めると、ちょうど卵がコロコロ転がっているように見えて楽しくなります。
もう今にも動き出しそう。

質感が伝わるほど、徹底的に細かく描きこまれた嘴や脚の部分とは対照的に、
身体の丸みはものすごく単純な線で描かれています。
そのギャップがたまりません。
これだけ細かく描きこんでおきながら、
どうしてこんなにも大胆な線で仕上げられるのか・・・。
これが金持ちの余裕なのか、懐の大きさなのか、
若冲の男前っぷりに、ただただ惚れるばかりでした。



『若冲と江戸絵画展』というくらいだから、他の画家の絵ももちろんあります。
大好きな河鍋暁斎も沢山見られました。
ダイナミックで、バリエーション豊かで、ユーモアもある・・・カッコイイ!!
この人の男前度も半端無いでしょう。
河鍋暁斎記念美術館、一度は足を運ばねばなるまいて。
蕨だけど。遠いけど。

もっと知りたい伊藤若冲  目を見張る伊藤若冲の『動植物絵』  伊藤若冲  若冲

とは言え、楽しみにしていた『花鳥人物図屏風』はやはり圧巻。(ここここで見られます。)
人垣が二重にも三重にもなっていてなかなか観られないのですが、
並んで押されてガラスにへばりついてでも観る価値がありました。
ほんっとーに仕事が細かい。
近くで見るとモザイクの幾何学模様に見えるのに、
少し遠ざかるとちゃんと動物になっていて。

嗚呼すばらしい。
この絵を浴室のタイルにしているプライスさんが羨ましい。

飽きずに粘っていた閉館間際。
この絵から2~3m離れたところで、自然と人が横一列に整列し始めました。
そう、みんな気持ちはひとつ。
せっかく来たからには、やはり一度全景を眺めたいんです。
まだ見てない人が何度も前を横切るのを苦々しく見つめること十数分。
絵の前を遮るものが何も無くなった瞬間は突然やってきました。

はああああ・・・何たる贅沢。
すっごく楽しい絵。

あんなに小さなマス目を一つ一つ描いていって、
よくもまぁこんなに大きな絵が出来たもんだ。
レゴブロックで一軒家を建てるようなものですよ。すごすぎる。



スポンサーサイト
▲Page top


はじめまして。若冲と江戸絵画展気になってた展覧会だったのでとっても参考になりました。 私は江戸絵画も好きです(川鍋暁斎いいですよね!)

 あと 美人画が大好きです。 特に上村松園 鏑木清方 等などが好きです。  
 Niuさんの絵画に対する知識や絵の表現に表れてますね!
もし おすすめの絵や展覧会などあればぜひ教えてください。

【2007/08/11 12:03】 URL | ちょうぼう #-[ 編集]

>ちょうぼうサマ。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

もったいないお言葉・・・恐縮です。
私は画家の名前も知らないし絵画の知識も無いので、
逆にちょうぼうさんに色々お聞きしたいくらいですよ。

美人画は惚れ惚れするような一枚に出逢えると、隅から隅まで眺めちゃいます。
最近だと「ギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展」が美人さんの宝庫でした。
鳥橋斎栄里の「三ケ津草嫁美人合」は、立ち姿や衣の動きがとーっても美しかったです。
 
【2007/08/18 02:56】 URL | niu #yL7K7KeI[ 編集]
▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top

「達磨図」 床の間に禅宗開祖の深い心…日本

☆☆…絵画の世界に燦然と輝く伝統の水墨画掛け軸…☆☆表装仕様:三段風帯付き 上遠州 桐箱入り全体外寸:166(縦)X102.5(横)cm 原紙寸法:52(縦)X90(横)cm            ☆ 賛文 ☆  何が要るというのだ  今があり 方丈の場があるというに 心のまゝに生 絵画の感想【2007/08/16 18:55】
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。