さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

この夏は観たい展示がありすぎて、
それじゃあ、と一日掛けてハシゴすることにしました。
暑い一日になりそうです。

まずは、原美術館の『ヨロンヨロン束芋展』。
いつもは目に優しい緑のツタも、おどろおどろしく見えます。

ヨロンヨロン束芋展


浮世絵のような渋くも鮮やかな色づかいに、
昭和レトロな懐かしさと妖しげで不気味な雰囲気。
ふてぶてしいオバちゃんと情けないハゲ親父。
この人の映像、どっかで見たことあるなぁと思っていたら・・・うん、やっぱりそう。
『バミリオン・プレジャー・ナイト』でした。

バミリオン・プレジャ-・ナイト バミリオン・プレジャ-・ナイトvol.2バミリオン・プレジャ-・ナイトvol.3バミリオン・プレジャ-・ナイトvol.4バミリオン・プレジャ-・ナイトvol.5

実はもしかしてグロイかしら?と心配していたんです。
そしたら見事に、入っていきなりの展示からして、
手から手が別れて出てきてうにょーっとなって髪の毛みたいのがわさわさわさっ
・・・っていうえも言われぬ感じな絵が壁一面、無数に貼られていました。

それが後に、実は映像の習作だったり、コマ割の元になる絵だったり、
っていうのが分かってきて・・・いやー、面白かった。
いや、そんなの分かる前に自然と引き込まれたと言った方が正しいかもしれない。

Tabaimo カエルの王さま drop dead cute 春の画集

映像単体としてだけの作品ではなく、映像を流す箱全体が作品になっている。
まぁそれは特に珍しいことではないのかもしれないけれど、
箱の居心地のよさと映像の居心地の悪さのギャップが面白い。
箱自体が妙に日常に接近しているからか、
シュールで、非現実的な映像なのに、いやに身近に感じられた。

DVDが出ていたら欲しいなぁと思ったけれど、
箱ごと持ってこないともったいない。

束芋さんってものすごーくアバンギャルドで、
舌にピアスしてるような姉さんを想像していたのだけれど、
トップ・ランナーを見る限りは清楚でおっとりしたお嬢さんといった感じ。

若い人なので、これからが楽しみですな。(・・・となぜか翁風。)

スポンサーサイト
▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。