さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

一路、山手線で新橋へ向かい、汐留にある日本テレビへ。
ここでは岡本太郎作・幻の壁画『明日の神話』が公開されているのです。
詳しい経緯は、今更私の語るところでもないので省かせていただいて・・・。

岡本太郎 明日の神話


壁画は屋外に設置されていて、通りがかりの人は誰でも観ることができます。
が、時は夏休み真っ盛り。場所は汐留。
・・・見・・・見えない!!
壁の前に立ちはだかる、人垣という名のでかい壁。

岡本太郎 明日の神話


間近で観るためには、壁の裏側に連なる列に並ばなくてはなりません。
透明なアクリルで固められ、金属で固定されたヒビだらけの裏側に、
復元はさぞかし大変だったろうと思いを馳せていると、時が経つのはあっという間。
お揃いの黒いポロシャツを着た、ちょいテンション高めのバイトちゃんの説明を受け、
いざTARO!!

岡本太郎 明日の神話


壁の前には、許された者(ちゃんと並んだ子)のみが上れるステージが設けられていて、
好き放題に接近&撮影が出来ます。
・・・が、全景を眺めることが出来ないんですよ。
当たり前だけどちょっと残念。
全体のドカーンとした迫力が味わいたかったのだけれど、それは贅沢と言うものか・・・。

岡本太郎 明日の神話 岡本太郎 明日の神話
岡本太郎 明日の神話 岡本太郎 明日の神話
岡本太郎 明日の神話 岡本太郎 明日の神話


こんなにも哀しき骸骨の姿。

岡本太郎 明日の神話


灼熱の炎が全ての命を食いつくし、
唯一生き物であるかのように、生き生きと赤く燃える。
形あるものは全てひとつに混ざり、あらゆる色を孕む灰色の雲へと消えてゆく。

岡本太郎 明日の神話


壁画のちょうど正面には岡本太郎&敏子の写真が。
太郎さんはいかにも太郎、敏子さんもいかにも敏子、な写真で、
密かに胸が熱くなる。
見てますか?『明日の神話』が日本に戻ってきましたよ。

岡本太郎 明日の神話

スポンサーサイト
▲Page top


メキシコのあの場所で ひっそり朽ちてゆくのも太郎さんらしいけれど
やっぱりこうして修復されてよかった。
彼の作品はどれも生ナマしい。

川崎の岡本太郎美術館でこの壁画の原画と修復風景のVTRを観たきりなので
本物も観てみたいな。

【2007/10/24 05:15】 URL | モンクt #h78KdpQ6[ 編集]

>モンクtサマ。
川崎も廻りたかったのですが、行けませんでした。
VTR見たかったです。

今は東京都現代美術館に展示されてますね。
http://www.mot-art-museum.jp/jyosetu/page6
誂えたようにピッタリだとか。
元々ホテルのロビーに飾るために製作されたものだから、
太郎が思い描いていたのと一番近い状態でかもしれません。

私も観たくなって来ちゃいました。
 
【2007/10/25 23:30】 URL | niu #yL7K7KeI[ 編集]
▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。