さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

2006年9月10日

『うす皮一枚』
作・演出:鈴木おさむ
出演:劇団ひとり 山崎静代(南海キャンディーズ)/
     平田敦子 町田マリー(毛皮族) 和倉義樹(毛皮族)/
     村上大樹(拙者ムニエル)
会場:下北沢・本多劇場
URL:http://www.nelke.co.jp/stage/usukawa.html

  

劇団ひとりが、彼の才能が、気になって仕方ない。
相手役は、意外と好きなしずちゃん。
そして作・演出は、あのスマスマの、あのむーたん。

どっちだろう…どっちに転ぶんだろう…期待と不安に襲われつつ、
やっぱり観に行ってしまいました。
しかも大人フェスと同じ日ですよ!頑張りました。

結果、すーっごく良かったです。
いやはや素晴らしかった。
皆さんお笑いのプロなので、さすがテンポとか間合いとか話の流れとか
お客さんありきの飽きさせない作りです。

これはお笑い?真面目にやるの?っていう
観客の様子見姿勢も計算した上での、騙し騙しなストーリー展開。
笑いました。泣きました。
こういう揺さぶりとサプライズのあるお話は、舞台ならでは。
大好物です。

   

しずちゃんはどこへ行ってもどっから見てもきっとしずちゃんだし、
どうするんだろう?と不安でもあったわけですが、
使い方がすっごくうまかったです。
あのキャラクターが効いていた、というより、
あのキャラクターじゃなきゃ成り立たなかったかもしれないとさえ感じさせます。


劇団ひとりの役どころも、
一体どういう人なの?っていう良い意味での裏切りが何度かあるのですが、
その切り換わりがさすが劇団さん!でした。
普段から一人で何役もこなしてらっしゃいますし、真骨頂でしょう。


で、鈴木おさむ。
頭の中はどうなっちゃってるんでしょうか?
きっと「愛」に対して思考も行動も、
ものすごくエネルギーを注ぎ込んでるんだと思う。

この手のラストは独りよがりで興醒めすることが多いのに、
なんなんでしょう、この説得力は。
これだけお笑いな二人が迎えるシュールな展開は
プッと吹き出したって何らおかしくないはずなのに、
どっぷりハマって涙轟轟なんですもの。

  

会場予約限定販売のDVDはもちろん申し込みました。
でも観るとき考えないと後に響くだろうなぁ。
パンフレットはなんと完売御礼で購入できず。
川島省吾氏のセクシーショット満載だったのにー!!

鈴木おさむには、スマスマは程々にしてこっちを続けて欲しいです。
 
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。