さんぽみち。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲Page top

阿佐ヶ谷スパイダース時代劇 『桜飛沫』
 第一幕 『蟒蛇如(うわばみのごとく)』
 第二幕 『桜飛沫(さくらしぶき)』

場所:世田谷パブリックシアター
日時:2006年2月4日(土)14:00
URL :
http://asagayaspiders.net/
出演:山本 亨, 橋本じゅん, 水野美紀, 峯村リエ, 山内圭哉,
    猫背 椿, 市川しんぺー, 中山祐一朗, 伊達 暁, 長塚圭史


阿佐ヶ谷スパイダース 『桜飛沫』

急に演劇を観漁り始めた者と致しましては、
やはり気になっていたわけです、阿佐ヶ谷スパイダース。

長塚京三の息子が早稲田にいた頃からやっていて、
世間で話題になっている劇団。

それしか知らないのにわざわざオークションにまで手を染めて
チケットゲットしちゃいました。
しかも前から3列目の席です。
毎度のことで恥ずかしながら、
またもや前提知識ゼロで果敢に挑んで参りました。

↓ネタばれご注意。


軽くて下らなめなギャグも織り交ぜつつ、柱となっているのはかなり重いお話。
最初のシーンもいきなり一家皆殺しです。
その後も女子供お構い無しにザクザク斬り殺されていきます。
こういう残酷な話をおふざけ半分で展開させていくのって…どうなんだろう
などと違和感を抱くこともなく、意外とすんなり受け入れて楽しみました。
笑わせようとしてくると素直に笑えないことが多いんだけど
何度も声を出して笑っちゃうくらい。
周りのお客さんも反応が良くて、雰囲気良かったですねー。
隣の席からもお兄さんの低音気味な笑い声が何度も聞こえてきました。

阿佐ヶ谷スパイダース 『桜飛沫』

舞台にとても近かったので、細かいところまで良く見えます。
死体の腹式呼吸までばっちりです。
生首が何度も登場していたけれど、どれもかなりグロイ仕上がり。
顔を斜めに歪めて断末魔の叫びを上げております。

郷地家の長男と次男が客席に入ってくるシーンでも真横を通ってくれたので、
遠慮なく隅々まで見まくらせていただきました。
肩に掛けた白い袋は生首がゴロゴロ入った様にあちこち出っ張っているし、
髪の毛を掴まれた生首は血だらけ。
そして裃の家紋には『GB』の文字。
GB…何の略だろう?あ!郷地ブラザーズ?そんなわけないか。
と、そのときは思ったのですが、あながち間違ってはいなかったみたいです。
企画・製作のところに有限会社ゴーチ・ブラザーズの名が!
そもそもあの兄弟の名前はここから由来していたのですね。

せかいのおわり演劇ぶっく99号Coffee shopメガネ男子

ストーリーは時間を追うごとに悲しく、むごくなってゆきます。
第二部なんて出だしこそギャグっぽかったものの、
ほとんどが恐怖すら覚えるような深刻な場面ばかりです。

弱い立場だった村人たちが追い詰められるうちに狂気に駆られ、扇動され、
「この元凶となる人間を殺すのが正義だ」と信じ込み殺してしまう。
これって『ダブリンの鐘つきカビ人間』と同じだぁ。
思えばこの細かい笑い&ダークな展開とか、テイストもちょっと似ている。
なのにどうして前回はあんなに違和感を感じて、
今回はこんなに心動かされているのかしら。
山内圭哉と中山祐一朗なんて両方に出ているけど、
二人とも今回のほうがずっと良かった。とっても好印象。

どうしてかなぁと考えると…うーん、やっぱり「笑い」の部分かな。
周りがみんな笑ってる中で笑えないまま取り残されちゃうと、
そこで止まっちゃって素直に怒りも悲しみも出てこなくなる。

最後のシーンもすごく良かった。あの終わり方。
討ち合うことを宿命付けられた二人が刀を構えて向かい合った刹那、
桜の花びらがびゃーーーっとすごい勢いで噴出して、舞台を埋め尽くす。
そして幕。

終わってからはもう、どれだけ面白かったか感動したか喋くりまくってました。
そこで連れが一言。
「で、結局誰が阿佐ヶ谷スパイダース??」
「しっ!静かに!………私も良くわかんない。」
こんな奴らが3列目ですみません。

それにしても長塚圭史は細くて手足が長くてスタイルが良い。良い良い!
写真で顔だけ見てるとそうでもないけれど、かっこ良かったー。
声も好きだし、惚れました。
また行きつけの劇団が増えちゃったよ。
次回作も期待しております。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

▲Page top

▲Page top














管理者にだけ表示を許可する

▲Page top
▲Page top

profile

niu

Author:niu
人生急がば回れ。
好きな食べ物は道草。

ゆっくり歩こう、さんぽみち。

--------------------------

ゆっくり歩きすぎて、
現実とズレまくっております。
えーっと・・・最新記事は
2006年8月です。
違和感たっぷりでごめんなさい。

--------------------------

あなたのコメント・トラックバックがわたしの励みです!
心よりお待ちしております。

monthly

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

--------

ブログ内検索

ブログ通信簿

recommend

junji


akko

my favorite blog

othello

mero

livly

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。